現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 平成の終わりに昭和のクルマを愛でる幸せ。ノスタルジック2デイズ 2019 イベントレポート

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.14

平成の終わりに昭和のクルマを愛でる幸せ。ノスタルジック2デイズ 2019 イベントレポート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去る2月23日、24日にパシフィコ横浜で開催された、毎年恒例のイベント「Nostalgic 2days(以下、ノスタルジック2デイズ)」の取材に行ってまいりました。イベントとしては今年で11回目。CL CARS(旧カレントライフ)として2015年から開始したこのイベントの取材も、早いもので今年で5回目となりました。

今年で11回目の開催となり、旧車好き・クルマ好きのあいだでもすっかり定着した感のあるノスタルジック2デイズ。週末の横浜みなとみらいの街中に轟く旧車サウンドを聴くたび「今年もこの時期が来たんだなー」と気分も盛りあがります。

    第10回記念!日本最大級のクラシックモーターショー、ノスタルジック2デイズ 2018 イベントレポート

ノスタルジック2デイズ 2019:日本車編

年々勢いが増しつつある国産旧車の人気。平成から新元号へと変わっても、その勢いは衰えないのでしょうか…。今年も、会場内に所狭しと貴重なクルマが並べられていました。なかには注目度が増したことで「いつの間にこんな価格になったんだろう」と驚いてしまうような個体も。そして、外国人のギャラリーが増えたことも印象的でした。「定年退職後に、若いときに憧れたクルマを買おう」と考えていらっしゃる方、ここ数年の動向にを要チェックです。場合によっては時期を早めた方がいいかもしれません(その際、欲しいと思っているクルマのオーナーさんに直接コンタクトを取り、動向を教えてもらった方がよさそうです。よほど失礼な対応をしない限り、喜んで情報を教えてくれるはずですから)。

ノスタルジック2デイズ 2019:輸入車編

興味の対象は日本車がメインで、輸入車はあまり…という方にとっても、ノスタルジック2デイズでは珍しいクルマを間近で観ることができます。なかには世界で1台しか存在しないような貴重なモデルから、往年名車まで。通常、この種のクルマがイベントに展示されていても、柵で囲われていることが多いのです。しかし、このイベントでは、触れられるほど近い距離で観ることができます(もちろん、触れることはNGですが…)。

ノスタルジック2デイズ 2019における日本車と輸入車の比率は8:2といったところでしょうか。ギャラリーも日本車好きが多いのか、輸入車のエリアは比較的空いていた印象。その分、ディープな方を惹きつけるようで、あちこちでマニアックな会話が聴こえてきました。実は、古い輸入車の方が部品が手に入りやすいこともしばしば(もちろんクルマにも因りますが…)。「古いクルマに乗ってみたいんだけれど、どれを選んだらよいか分からない」という方、日本車だけでなく、輸入車にも射程圏内に入れてみると思わぬ出会いがあるかもしれません。*いずれにしても、信頼できる主治医の存在が不可欠ではありますが…。

ノスタルジック2デイズ 2019:盛り上がりに期待したい!部品編

旧車・絶版車の生命線ともいえる部品の供給。しかし、多くの旧車乗りが「欠品」「廃盤」といった壁にぶち当たります。最近でこそスカイラインGT-Rやユーノスロードスターの部品再生産のアナウンスがありましたが、これはまだまだ特殊なケース。かといってエンドユーザーが自ら造るには難しい部品も数多くあります。特にゴム類などは、実車に装着していれば劣化が進みますし、長期保存していても劣化していくもの。民間の企業のお陰で再生産されるモデルもちらほら…。ユーザーとしては何ともありがたい話しだけに、今後の動向に注目です。

ノスタルジック2デイズ 2019:自動車メーカー編

今年はメーカーとして出展していたのはマツダとトヨタ MEGA WEB。特にマツダは、昨年同様、ユーノスロードスターのレストアプロジェクトをしっかりアピールしてきました。さまざまな考えがあると思いますが、日本車メーカーでいちばん旧車・絶版車オーナーとの距離が近いのがマツダではないかと思います。レストアの費用や条件などで賛否があるようですが、まずはメーカーが過去のクルマに目を向け、再生していこうと舵を切ったことを賞賛してもいいはず。誤解を恐れずにいえば、「一定の条件を満たし、相応の待ち時間とお金を払えば、限りなく新車に近いユーノスロードスターが手に入る」時代が再び訪れたのですから…。

ノスタルジック2デイズ 2019:展示・販売ブース編

ノスタルジック2デイズの名物ともいえる展示・販売ブースコーナー。カタログやミニカー、カー用品、ファッション、雑貨等々。ありとあらゆるグッズが展示・販売されている一角。筆者も、毎年とても楽しみにしています。この一角に来ると仕事を忘れそうになるので、筆者にとってもキケン地帯(?)であります。来年訪れる方は覚悟してください(笑)。過去4年間はどんなに欲しいモノがあってもぐっと堪え(衝動買いしないよう、現金もいつも以上に少なめ、カードも持参しないようにしています)ていたのですが、MINICHAMPS製の1/43 ポルシェ959(黒)が2000円と破格だったため、迷いに迷って購入してしまいました…。確か、このミニカーは保有していたはずですが、これは「閲覧用」ということで仕事部屋に置いています。

ノスタルジック2デイズ 2019:まとめ編

平成最後の開催となったノスタルジック2デイズ 2019。まもなく、31年間続いた平成が終わりを告げようとしているのに、それより前の時代に造られたクルマを愛でるイベント。しかも、年々盛りあがっている…。取材中、ふと冷静になって立ち止まると、不思議な光景のように思えてきました。

小さい頃に見た絵本では、21世紀にはクルマが空を飛び、ロボットが歩いていました。ところが実際に21世紀が訪れてみると、キャブレターの音が支持されたり、いまだにSL(蒸気機関車)が全国各地で走っていたり…。実物大のガンダムがお台場に立ちましたが、歩くことはできません。かつてはノイズが一切混じらないCDのデジタル音源に感動したものですが、最近では「アナログレコードの音」が再認識されているようです。今後、ますます電気自動車や自動運転機能を備えたクルマが普及していくものと思われますが、よほどの法改正がない限り「パワーウインドウ、パワステ、エアコンなし、3ペダルMT車」が息絶えることはないように思えてきますし、またそうであって欲しいものです。

新元号に変わってからは初めての開催となる来年のノスタルジック2デイズ 2020は、2020年2月22日(土)23日(日)とのことです。いまからスケジュールを押さえておきましょう!

[ライター・撮影/江上透]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL 江上 透)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します