現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エンジン始動は神頼み! 昭和のクルマが装着するキャブレターとは

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • chi*****|2019/03/08 20:01

    違反報告

    自分で乗った事があって記事にしてんの?
    嘘を書いちゃーいけねーよ
  • nan*****|2019/03/08 19:51

    違反報告

    エンジン始動は神頼み
       ↑
    そんなに酷く無いで、デタラメな改造等しなければ普通に動きます。
    ついでにあの頃やと機械式インジェクションも気難しいんやで。
    キャブレターそのものより寧ろ電気系/制御系の進化が大きい筈や。
  • oku*****|2019/03/08 20:11

    違反報告

    キャブレターのエンジン始動が神頼みってのは・・・ちょっと盛り過ぎ表現かな。
    ガソリンエンジンの始動に関しては空燃比の最適化が難しいから、機械式のキャブレター時代はコツが必要だったという事でしょう。
    実際、エンジンが冷間時はフルチョークとか夏冬でチョークの戻し加減をするとか一度暖機が済んでエンジン停めて30分以内の再始動が夏・冬でチョーク使わずアクセルの開け加減で調整とか、色々あったけど経験すれば自然と覚えた事。
    まあ、始動に失敗してプラグカブらせる(ガソリンで湿らせる・着火しなくなる)人もいましたけどね。
    バイク乗り以外でチョーク話題にしても、知っている人少ないでしょ。(知る必要も無いし、オートチョーク時代の人も知らないでしょ)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します