現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 先行したはずが世界に遅れ… なぜ日本でEVは普及しない? 充電インフラ増加でも認知度が高まらない理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.2

先行したはずが世界に遅れ… なぜ日本でEVは普及しない? 充電インフラ増加でも認知度が高まらない理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日産「リーフ e+」の登場でEV車普及なるか

 国産車のなかで、電気自動車(EV)の代名詞といえば、日産の「リーフ」があります。現行モデルの「リーフ」は、2017年10月に登場。2019年1月には「e+」という上級モデルが新たに設定されています。

    5代目日産「シルビア」 女子ウケ抜群! なにが彼女たちのハートを鷲掴みにしたのか

 追加された「e+」の特徴は、航続距離の大幅な拡大です。ベースモデルが満充電で最大322km(WLTCモード)を走行できるのに対して、「e+」では40%向上した458km(WLTCモード)を実現しました。

 高性能化された日産「リーフ e+」なら、通勤から週末の遠出のレジャーまで、ガソリン車やディーゼル車、そしてハイブリッド車と同じように、なんの不安もなく使えそうな気になります。

 しかし、日本の自動車市場全体を見てみると、EVはまだまだマイナーな存在です。「リーフ」は、初代が発売された2010年12月から2019年1月までの約9年間に販売された台数は、累計11万8000台に過ぎません。

 日本で2018年に最も売れたクルマ、ホンダ「N-BOX」シリーズは年間24万台を超えています。「リーフ」が性能アップしても、日本でなかなかEV車がメジャーな存在にならない理由はどこにあるのでしょうか。

 新たに追加された「リーフ e+」を担当する日産EV事業部の関係者は、日本でEVがなかなか流行らない理由について、次のように答えました。

「EVの車両価格が従来のガソリン車にまだ対抗できていないこと。また(ユーザー側の)EVの技術に対する(航続距離を含む)信頼性。そして、充電方法が面倒だというイメージがあるのではと思います」

 航続距離については、「リーフ e+」のようにガソリン車並みに走れるようになりました。今後は、電池の研究開発がさらに進み、バッテリー容量をさほど大きくしなくても、航続距離を伸ばすことが可能になるはずです。

 充電インフラでは、街中や高速道路などにさまざまな場所に設置され、全国に約3万基まで増加。EVと充電器は“鶏と卵”の関係をいわれるように、双方が増えていくことで相乗効果が生まれ、さらに充電器が増えることで、EVの販売台数も増えると予想できます。

 また、急速充電も将来的には大出力化される可能性が高く、そうなると充電時間が大幅に短縮される可能性があります。そして、新車価格は「リーフ」の場合、バッテリー容量40kwhでのエントリーモデルが324万円、そして「e+」は416万円とやや高い印象ですが、これらも販売台数が増えることでの量産効果で今後、価格が下がるはずです。

■EVが流行らない、本当の理由

 EVが流行らない各種の理由以外に“本当の理由”があると、筆者(桃田健史)は考えています。これまで、世界各地でEVに関する取材をしてきましたが、そうした経験に基づく私見としご紹介します。

 第一は、自動車メーカーがEV車の販売に本気になっていないことが挙げられます。2019年2月時点で、EVの製造と販売が多い自動車メーカーは、世界中で日産とテスラだけで、両社ともEVの大量生産に乗り出したのは2010年代に入ってからです。

 なぜ、その他の自動車メーカーはEVに本気ではなかったのでしょうか。それは、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど、内燃機関と呼ばれる原動機の製造コストが、EVのモーターやバッテリーと比べるとかなり安いということが理由といえます。

 自動車メーカーとしては、内燃機関を少しでも長く作り続けることで、製造コストを安く抑えたいという意向が強いため、内燃機関にモーターを追加するハイブリッド車、またはEV走行距離が短いプラグインハイブリッド車を、次世代車の主流にしているのです。

 日産も内燃機関の製造をしていますが、経営戦略として他社がやらないことをいち早く仕掛け、先行者利益を追求しようとしました。  この他、最近はメルセデス・ベンツやBMW、そしてアウディ、ポルシェを含むフォルクスワーゲングループから新型EVの発表が相次いでいます。これは中国で2019年から始まった、新エネルギー車の販売義務化に対応した動きです。  製造コストは高くても、中国のように販売義務があり、それをクリアできない場合のペナルティが高額である場合、自動車メーカー各社は『EVを作らざるを得ない』状況になります。

 もうひとつ、EV車が流行らない理由は、リセールバリュー(下取り価格)が低いことが挙げられます。「リーフ」の場合、2010年から2016年までの第一世代の値落ちは極めて大きいのが実情。一般的に、新車の販売台数を伸ばす手法の定石は、中古での残価率を上げ、乗り換え需要に対する好循環を作ることが効果的です。

 しかし、2017年10月に第二世代「リーフ」を発売してから、第一世代「リーフ」の中古車に対する割安感から、リーフの中古車価格が徐々に上がってきたという話もあります。

 日産「リーフ e+」の発売を機に、中古車市場でのリーフ人気がさらに高まり、日本でのEV普及が進むことを期待したいです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 桃田健史)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fd3*****|2019/03/02 08:11

    違反報告

    まずカッコ悪いとこから直そうか
  • ric*****|2019/03/02 08:13

    違反報告

    5年前にリーフ新車購入しました。バッテリーの経年劣化による、明らかな走行距離の減少を素人でも感じました。先日買取りに出しましたが値落ち率が大きく驚きました。年間1万程度で買取時4万5千キロでした。無事故、車庫保管、禁煙車で内外とも極上程度でした。人気車種のガソリン車の方が結果的にお得だったと思います。
  • bek*****|2019/03/02 09:49

    違反報告

    ガソリンエンジンに置き換えて考えてみると、満タンにしても200キロしか走らず、冬場はになるとどんどん燃料の減りが早くなり、年数が経つに連れガソリンの入る量も減ってしまう。
    さらに燃料を満タンにするのに30分も掛かり、少ないスタンドが埋まっていれば空くのを待つのにさらに30分。この不便な乗り物が400万ぐらいして売るときは二束三文と聞けば、そりゃ普及しないでしょう。
    売れればどんどん良くなっていくのでしょうから、今買っておられる方々にはただただ感謝です。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します