現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲン「トゥアレグV8 TDI」登場 高い走行性を実現する4リッターV8ディーゼルエンジンを採用

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

フォルクスワーゲン「トゥアレグV8 TDI」登場 高い走行性を実現する4リッターV8ディーゼルエンジンを採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■スーパーカー並みのエンジントルクを発揮する4リッターV8エンジンを採用

 フォルクスワーゲンは、2019年3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019で同メーカー最大のSUV「TOUAREG(トゥアレグ)V8 TDI」を世界初公開します。

    フォルクスワーゲン「T-Roc」に“R”グレード登場 ジュネーブモーターショー2019でその姿を公開

 最高出力421PSを発揮する4リッターV8ターボチャージャー付き直噴ディーゼルエンジンを搭載することで時速100km/hまで4.9秒で加速する同モデルは、フォルクスワーゲンのフラッグシップとして君臨する最上級のモデルです。

 スーパーカー並みのエンジントルク約91.8kgを誇る「トゥアレグV8 TDI」では、エアサスペンションを採用することで、低速走行、高速走行、オフロード走行のいずれにおいても優れた走行性を発揮。併せて快適性も高められています。

 また、V8 TDIエンジン搭載モデルでは現行のV6エンジン搭載モデルとは異なり、電気的に開閉するトランクリッド、コンフォートシート、盗難防止警報システム、ステンレススチール製のペダルなどを採用することで、フラッグシップモデルならではの上質さを追求。

 赤外線カメラを使って人や動物を暗闇で検出する「ナイトビジョン」や、コンパクトカー並みの扱いやすさを実現するアクティブな全輪ステアリングシステムも採用されています。

 2002年に初代が登場した「トゥアレグ」は、ポルシェのSUV「カイエン」とプラットフォームを共有する姉妹車として登場しています。2010年のモデルチェンジの際には同年のジュネーブモーターショーで2車種とも新型車が世界初公開されているため、「カイエン」のニューモデルの登場にも期待が掛かります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kai*****|2019/03/01 18:54

    違反報告

    不思議なんだが、プレミアムカーのベースシャーシはすべてVWだ。
    カイエンはツアレグ、ベントレーはフェートン、ランボルギーニガヤルドは系列のR8、マカンは系列のQ5.
    本家はほとんど売れず、プレミアムブランドばかり売れる。
    これが本当の屋台骨。骨である。実にうまくいっている。
  • cnb*****|2019/03/01 19:13

    違反報告

    ディーゼルV8は、信頼性と低速トルクが大きい点から言ってオフロード向きと言える
    トルク91kg・mとは、本当にすごい。明らかに良いパワーユニットだが...
    ...正直このクラスの4駆でも50kg・mもあれば十分以上
    そんなにトルクがあっても、タイヤのグリップが追いつかない。
    アクセルを踏んでも結局トラクションコントロールで制限されるだけ。
    高性能であることに対してのメーカーの宣伝と、所有者の見栄以外には、あんまり意味がない。
  • nta*****|2019/03/01 18:52

    違反報告

    買いたいとは思わないが、怒涛のトルクは運転はしてみたい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します