現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【フラッグシップモデルならではの上質感】インプレ連載#4/パナソニック ストラーダ CN-F1XVD 【CAR MONO図鑑】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

【フラッグシップモデルならではの上質感】インプレ連載#4/パナソニック ストラーダ CN-F1XVD 【CAR MONO図鑑】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックの最新、最上級カーナビ「ストラーダCN-F1XVD」の実力を普段のドライブを通してお伝えする連載。今回はルックス編だ。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki) PHOTO●澤田和久(SAWADA Kazuhisa)問い合わせ:パナソニック電話:0120-50-8729

パナソニック ストラーダ CN-F1XVD……オープン価格

    【高機能バックカメラインプレ #4】 雨の日や逆光もよく見える? データシステム マルチVIEWカメラ MVC811 【CAR MONO図鑑】

 CN-F1XVDはストラーダシリーズの最上級機に位置づけられるだけに、上質感あふれるデザインを備えている。所有する喜びを感じさせてくれるのも、このモデルの大きな魅力といえるだろう。

 パナソニック独自のDYNABIGスイングディスプレイは本体ユニットの前面にディスプレイユニットが接続されたフローティングスタイル。汎用型大画面ナビを実現するための形状ではあるが、一見したところディスプレイ部が浮いて見えるような先進性あふれるデザインに仕上げられている。

 フロントパネルの縁に施されているのは「ダイヤカットエッジ」。角を直角に落とすのではなく角度をつけることによって引き締まった印象を与えている。

 また、ディスプレイパネルの周囲にはやや暗いトーンに仕上げられたアルミ製のフレームが組み込まれており、鈍く光る金属ならではの質感が高級感を与える。操作ボタンの部分にはブラインドタッチができるように突起や凹凸が付けられており、実用面も考えられている。

 そして驚かされるのが前面部分に一切のロゴが入っていないこと。普通はブランド名などが印字されているものだが、このモデルについてはデザイン性を優先させて排除。エンジンを切った状態では“ブラックアウト”化し、使用していないときでもクールな「カッコよさ」を演出しているのだ。

 では「Strada」のロゴは?というと、美しいピアノブラックで仕上げられた背面部分にさりげなく入る。車種によっては車外からチラリと見え、さりげないアピールをするのだ。

 この機種はディスクを出し入れするとき以外、本体ユニットがほとんど見えないのだが、もちろん抜かりなくデザインされている。ガンメタリックとピアノブラックのツートーンでディスプレイユニットと共通するイメージだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 浜先秀彰)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2019/03/01 03:49

    違反報告

    これの初期モデルを使ってるけど、画像からはビミョーな感じ。
    たいして違いがわからん(苦笑)
    実際はどうなんだろう?
    そして価格差はどうなんだろう?
  • zet*****|2019/03/01 05:20

    違反報告

    意味がわからん
  • tac*****|2019/03/01 05:52

    違反報告

    デザイン、デザインって作り手の自己満足押し付けられても・・・。

    ユーザーとしては、より大画面で、より小さい専有面積であることを求めているのに、画面表示に貢献しない外枠部分があるのはジャマなだけ。

    BDも再生できる機種ということで、エアコンの吹き出し部や、他の操作スイッチに若干干渉してでも大画面が欲しいと思い買いに行ったらあの無駄な外枠が・・・。購入を断念した。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します