現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1バルセロナテスト2回目が開始、ホンダ勢は順調にデータを収集【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.27

F1バルセロナテスト2回目が開始、ホンダ勢は順調にデータを収集【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月26日、2019年F1のプレシーズンテストの2回目がスペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで始まった。残された4日間のテストが、開幕戦オーストラリアGPに向けての最終調整の場となる。

注目を集めるレッドブルとトロロッソ
F1のプレシーズンテストもいよいよ後半に突入、ホンダのパワーユニットを搭載するAston Martin Red Bull RacingとRed Bull Toro Rosso Hondaも順調に周回を重ね、4人のドライバーは新型マシンとパワーユニットの性能と問題点を確認しながら、膨大なデータ収集を行っている。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

プレシーズンテスト1回目の4日間では、さっそくパワーユニットの2台供給効果がさっそく表れた。3日目にはトロロッソのダニール・クビアトがトップタイムをマーク、チームメイトのアレクサンダー・アルボンも4日目に2番手タイムを記録。その一方、レッドブルはホンダの新しいパワーユニットを乗りこなすことに専念。トロロッソとレッドブルが連携して、ロング&ショートランのデータを収集した。

テストではフェラーリの好調ぶりが目立っていたようだが、装着タイヤや本気度の違いもあるので、タイムだけではまだまだ各チームのポテンシャルを判断することはできない。

そんな中、Honda F1田辺豊治テクニカルディレクターは「最初のテスト4日間は、Red Bull Toro Rosso Honda、Aston Martin Red Bull Racingともに順調にプログラムを消化することができました。ホンダにとってはF1復帰後初めて2チームにパワーユニットを供給する体制で臨み、オペレーション面でも学びの多いテストになりました。4日間を通してパワーユニットに大きなトラブルはなく、Toro Rossoが482周、Red Bullが475周を走り、Hondaとしては957周を走行しました。この後も順調にテストを行い、万全の体制で開幕戦に臨められればと考えています」とコメントしている。

1回目のバルセロナテストの走行タイムは次のとおり。ちなみに2018年スペインGPのファステストラップは1分18秒441、ポールタイムは1分16秒173だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します