現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トライアンフの名車「スピードツイン」が復活!──「美しさ」と「走り」を両立したモダンクラシックの本命

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.26

トライアンフの名車「スピードツイン」が復活!──「美しさ」と「走り」を両立したモダンクラシックの本命

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月13日、トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、1200ccツインエンジンを積んだ新型ロードスター「スピードツイン」のメディア向け発表会をおこなった。

「スピードツイン」のモデル名は、1938年にデビューしたモデルの名前を復活させたもの。近年、2輪車のトレンドであるレトロなスタイリングと最新のパフォーマンスを融合させた、いわゆる「モダンクラシック」にカテゴライズされるモデルだ。

    KTMのフラッグシップに試乗! オーストリアが生んだ最強ウェポンの実力

現在トライアンフには、おなじ1200ccツインを搭載するモデルは、クラシカルな「T120」とカフェレーサースタイルの「スラクストン」があり、あらたに登場したスピードツインは、これら2モデルの美点をバランスよく取り入れている。

エンジンはスラクストンと同様のチューンが施され、97ps/6750rpmの最高出力と112Nm/4950rpmの最大トルクを発揮する。マグネシウム製カムカバーを採用した結果、エンジン単体で2.5kg、ボディ全体ではスラクストンより約10kgの軽量化を達成、乗りやすさと俊敏な走りを両立する。

足まわりは前後17インチのアルミホイールにピレリのスポーツタイヤ「ディアブロ・ロッソコルサ3」を履く。ブレーキはブレンボ製だ。フロントに4ピストンのダブルディスク、リアに2ピストンのシングルディスクを備え、ABSも標準装備する。

「スポーツ」「ロード」「レイン」3つの設定から選べるライディングモードや、オン/オフを任意で選べるトラクションコントロールなど最新の電子制御デバイスを標準で備えるのも特徴だ。見た目はレトロであるが、「走り」にかかわる装備は日本メーカー製のスポーツネイキッドとくらべても遜色ない。

クラシカルで美しいスタイリングはスピードツイン最大の美点だ。丸目のヘッドライト、2眼のアナログメーター、左右2本出しのマフラーといったオーセンティックな構成を持ちながら、バーエンドミラーやブラックに塗られたツインサイレンサー、ステッチの施されたシートなど、さまざまなカスタムが施されている。また80点以上のアフターパーツも用意され、カスタムする楽しみもある。

渋谷のクラブ「WOMB」でおこなわれた発表会は「TRIUMPH NIGHT」と銘打たれた。「バイク×アート×ミュージック」をコンセプトに、会場では女性DJによるライブプレイや、会場内でバイクにハンドペイントを施すパフォーマンスが披露されるなど、ストリートツインのスタイリッシュさを印象づけるイベントであった。

スピードツインのカラーリングは「ジェットブラック」、「コロッシレッド×ストームグレイ」、「シルバーアイス×ストームグレイ」の3種類。価格はジェットブラックが160万円、そのほかのカラーは163万8880円だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 河西啓介)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します