現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ハイエース」を世界初公開 新型はアジア新興国を中心に発売

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.19

トヨタ新型「ハイエース」を世界初公開 新型はアジア新興国を中心に発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■新型「ハイエース」の海外向け新シリーズ世界初公開

 トヨタは、新型「ハイエース」の海外向けモデルを、2019年2月18日にフィリピンで世界初披露しました。

    トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 昨今、自動車市場が拡大し続ける新興国・地域においては、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大しています。ハイエースの新シリーズは多様なニーズに柔軟に応えるために開発されました。

 今回のフィリピンでの発売以降、来年にかけて、新興国を中心とした国・地域に順次投入していきます。なお、市場環境が異なる日本では、従来モデルのハイエースが販売されることになっています。

 外観は、セミボンネット化したパッケージを生かしながら、ハイエースの最大の特長である「信頼感・力強さ・機能美」を継承・進化させ、快適かつ先進的な空間を想起させる外形スタイルを実現しました。

 内装は、大型ドアトリムポケットや大型シート下収納など、機能性を高めるとともに、人に安心感を与える快適なデザインを採用しました。

 さらに、複数の座席、荷室のレイアウトを用意しており、乗合バス用途の「コミューター」では、クラス最大の乗車人数17名が設定されています。バンは世界各国のパレットが搭載可能な荷室を確保しました。

 また、「ツーリズム」グレードが新設定され、快適装備と専用インテリアが採用されています。  ボディタイプは、「ショート・標準ルーフ」「ロング・ハイルーフ」の2種類を用意。エンジンは2.8リッター、ディーゼル(1GD)、3.5リッター、ガソリン(7GR)が設定されました。

 安全性能においては、Toyota Safety Senseが搭載され、Euro NCAP 5★相当の性能を実現しています。

 フィリピンでの世界初披露に際して、開発責任者を務めるチーフエンジニア(CE)の石川拓生氏は、「『ハイエース』は、”Hiace Pride”をキーワードに掲げ、『持つ、使う、乗ることで安心感・満足感と誇りを感じられるクルマ』をコンセプトに開発しました。ハイエースは、オーナー、ドライバー、そしてお乗り頂く全ての皆様にとって、かけがえのないパートナーを目指しています」とコメントしました。

 ハイエースは、1967年に初代を発売して以降、世界約150か国、累計624万台以上が販売されているトヨタの代表的なグローバルカーのひとつです。

 長年、高い耐久性と信頼性を強みに、バンやミニバス、プライベートの移動手段として活用され、現在、海外では主にアジア、中東、アフリカ、オセアニア、メキシコ、中南米地域で販売されています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します