現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アストンマーティンが新型Vantage GT3で日本のスーパーGTに参戦【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.18

アストンマーティンが新型Vantage GT3で日本のスーパーGTに参戦【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月15日、アストンマーティンがスーパーGTのGT300クラスに参戦することが明らかになった。マシンは新型アストンマーティン Vantage GT3。

アストンマーティン・レーシングによる最高レベルのサポートが実現
アストンマーティンが、D'station Racingと組んで、「D'station Racing AMR」として日本のスーパーGTに参戦することが正式に発表された。

    えっ! ナンバープレートに、アルファベットが入っているのはなぜ?【くるま問答】

アストンマーティン・レーシングによる最高レベルのサポートが行われることになり、新型アストンマーティンVantage GT3で参戦するD'station Racing AMRチームは、いきなりチャンピオン候補に名乗りを上げることになる。

ゼッケン#7のアストンマーティン Vantage GT3のハンドルを握るドライバーは、藤井誠暢とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル)。8月4日に富士スピードウェイで開催される第5戦の富士500マイル耐久レースでは、アストンマーティンのワークスドライバー、ダレン・ターナー(イギリス)が第3ドライバーとして加わる。

アストンマーティン Vantage GT3は、アストンマーティンのサブブランド、AMRパフォーマンスのイメージカラーであるダークグリーンのカラーリングを纏う、ワークスマシンと呼べそうなモデル。タイヤは、ヨコハマタイヤを使用する。

D'station Racingチームオーナーの星野敏は「アストンマーティンとともに日本のスーパー GTに参戦できることを非常に誇りに思います。私たちは、Vantage GT3がチームに大きな成功をもたらすと信じています。新型Vantageのレーシング・ストーリーに、その初期の段階からかかわることができて、大変嬉しく思っています」と語った。

また、アストンマーティン・レーシング社長のデイビッド・キングは「新型Vantage GT3で国際的にレースを戦うパートナー・チームの重要なメンバーとして、D'station Racingをアストンマーティンに暖かく迎え入れたいと思います。アストンマーティンが、日本のスーパー GTのような一流かつ重要なレースに再び参戦することができて大変光栄です。今回の参戦は、世界中でモータースポーツおよびカスタマーレーシングの活動を拡大している弊社の取り組みを明確に示すものです。また、このパートナーシップは、アストンマーティン・ロードカーとサービスにおいて、AMRパフォーマンス・ブランドが成長を遂げているというメッセージの発信を促進するものでもあります」とコメントしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します