現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 埼玉工業大学:全国初の5G等活用の複数台の遠隔監視型自動運転実証実験に協力

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.15

埼玉工業大学:全国初の5G等活用の複数台の遠隔監視型自動運転実証実験に協力

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉工業大学発ベンチャー・フィールドオートは、愛知県一宮市の公道において、2月9日(土)に実施された、全国初の5G(第五世代移動通信システム)等を活用した複数台の遠隔監視型自動運転による公道での実証実験に協力した。今回、フィールドオートはティアフォーと連携して、KDDI名古屋ネットワークセンター周辺の公道において実施された実証実験において、5Gの自動運転車両のシステム監視者を担当し、大村愛知県知事及び中野一宮市長が試乗体験した。

 今回の実証実験は、愛知県が自動運転の社会実装を見据えた実証実験に取り組む中、KDDIの5G回線を活用して、一人のオペレーターで遠隔監視・操作する2台の自動運転車両を同時走行したもの。 今まで国内における遠隔走行では時速20kmでの走行しか許可されていなかったが、今回5G回線が高速、大容量、低遅延の回線であることから、時速約30kmで運転席にドライバーのいない車両2台を同時に公道走行させる実験を行うことを許可され、公道にて実証実験を行った。

    ティアフォー:自動運転インシュアテックの開発に向けて損保ジャパン等と業務提携

 今回の実証実験では運転席にドライバーがいない車両で、時速約30kmにて交通量の多い公道を2台同時に安全に走行させることができた。日本の公道で初めて一人の遠隔ドライバーで実用に近い走行速度で複数台同時に運行ができることを示せた点で画期的だ。5G回線は自動運転に役立つこと、自動運転が5G回線のキラーアプリケーションとなることが理論的には予想されていたが、その可能性を実証実験で証明できた。

 フィールドオートは、 愛知県よりアイサンテクノロジーへ委託された「自動運転実証推進事業」において、KDDI、損害保険ジャパン日本興亜、ティアフォー、名古屋大学等と共に、昨年11月に豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内での実証実験にも協力していた。今回は豊富な実証実験の経験を活かして、5Gの遠隔型自動運転車両のシステム監視者を担当した。
本実証実験の報告はこちら> https://www.sit.ac.jp/media-s/2018/press/181128_01.pdf

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します