現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスLSの知られざる改良点に迫る

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.11

レクサスLSの知られざる改良点に迫る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年8月に密かに小改良を行ったレクサスLS。そのプレスリリースには先進運転支援システムの進化と、AWDモデル&ハイブリッドモデルのみの走行性向上が謳われているが、実はガソリンエンジン搭載のLS500(FR&AWD)の走りにも手が加えられていた。

 2017年10月19日に発売された五代目となるレクサスのフラッグシップセダン、LS。11年ぶりとなる満を持したフルモデルチェンジに見えたが、実は昨年2018年8月30日にひそかに改良が行われていたのは、あまり知られていない事実だ。日本車も年次改良を行うことはよくあるが、発売から1年も経過しないうちに、走りに関する部分を改良をするのは異例だろう。

    マツダ3はランティスの再来?〈Mazda3 & LANTIS〉

 昨年8月30日に発表されたリリースには、
・AWDモデルのダンパーに伸圧独立オリフィスを採用。
・ハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニング&制振材の追加による静粛性向上。
・運転支援システム「レクサス・セーフティシステム+」を標準装備し、さらに機能を進化させた。
 と明記されている。


 このリリースを見る限り、走りに関する部分の改良はAWDとハイブリッドシステムにしか言及がない。だが、実はV6ガソリンエンジン搭載モデルLS500のFR&AWDモデルも走りに関する改良が行われていたのだ。その気になる改良点とは、
・制振材追加による静粛性向上(カウル、ダッシュパネル、フロア、アッパーバック、ドアパネルに制振材を追加)。
・低速時のトルク制御を見直してシフトチェンジ時の滑らかさを向上。
 の2点となる。

 意外と知られていないレクサスLSの小改良だが、実は知られざる改良がLS500のFRモデルにも施されていたのである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2019/02/11 22:05

    違反報告

    改良は悪い事ではないが、その内容が高額なクルマらしからぬものだったので首を傾げざるを得ない。
    安全装備は、この価格帯らしい充実したものが装備されていたが、ベースモデルだけなぜか省略された内容のものであった。今回はそれが是正されたと言う事だろうが、ベースモデルとはいえ一千万を超える価格帯のクルマに最上の装備を一律に与えていなかったレクサス(トヨタ)の姿勢には、相変わらず貧乏くさい思想が残っていると感じた。
  • fie*****|2019/02/11 21:18

    違反報告

    フラッグシップなのに、ここまで存在感が薄いのも珍しい。
    先代LSが出たすぐは結構見かけたのに、現行LSは数えるほどしか見たことない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します