現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スポーツカー】セリカXX~スープラの系譜(その1)2代目セリカXX

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.28

【スポーツカー】セリカXX~スープラの系譜(その1)2代目セリカXX

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型スープラの誕生を記念して、日本ではセリカXXと呼ばれた前身モデルからの系譜を振りかえってみたい。まずは、1981年に発表された2代目セリカXXだ。(ホリデーオート 2019年2月号より)

2L直6DOHCがセリカと異なる魅力を発揮
スープラという名前を名乗る前、国内仕様のモデルにはセリカXX(ダブルエックス)という名前が与えられていた。初代は1978年に発売されたA40型で、それまで4気筒モデルだったセリカにクラウン用の6気筒エンジンを搭載した。

    運転免許証の番号、12桁の意味。最後のひと桁でアレがわかっちゃう!【くるま問答】

これは長らく日産のフェアレディZが独占してきたスポーツカー市場に食い入るトヨタの戦略で、国内はもとより海外、特にアメリカでの成功を目指した。

そのアメリカではXを重複すると映画の成人指定度合いを示すことから、車名をラテン語で「至上かつ最高」を意味するスープラとした。これがスープラの始まりであり、セリカXXが短命で終わったエピソードでもある。

ところが初代は不振に終わる。スポーツカーらしくないスタイルや6気筒エンジンを積んだことで重量が増えた結果、走行性能がライバルに見劣りしたからだ。そこで1981年のフルモデルチェンジで生まれた2代目では、スポーツ性を前面に押し出す。

それを端的に示していたのが広告戦略だ。当時トヨタと協力関係にあったロータスの創始者、コーリン・チャップマンを大々的に起用。テレビCMにまで登場させてスポーツ性を強調した。

あたかもロータスが開発に関わったような内容だが、サスペンションは基本的にセリカと同一。重い6気筒エンジンを載せるためバネレートやダンピングレートが変更されたに過ぎない。

それでも2代目は大ヒットした。その要因は何と言ってもエンジンだ。トップグレードには2.8L DOHCの5M-G型が搭載されたが、当時はまだ3ナンバー車に高い税率が適用されていたため少数派だった。

それより注目は82年に追加された2L DOHCの1G-Gだ。気筒当たり4バルブとなるツインカム24を車名にまで採用。同じ2L車にはSOHCターボもあったが、高回転まで気持ち良く回りパワフルなDOHCを搭載したGTツインカム24に人気は集中した。

83年のマイナーチェンジでバンパーやテールレンズを変更。トピックはドアミラーの解禁で、全車ドアミラーが標準装備になった。

このため前期モデルにドアミラーを装着したクルマも多数存在するが、やはり人気はここでも紹介している後期型。サイドまで回り込んだウインカーやボディ同色バンパーが特徴だった。(文:増田 満/写真:伊藤嘉啓)

セリカXX 2000GTツインカム24(1984年) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4660×1685×1315mm
●ホイールベース:2615mm
●重量:1230kg
●エンジン型式・種類:1G-GEU・直6DOHC
●排気量:1988cc
●最高出力:160ps
●最大トルク:18.5kgm
●10モード燃費:10.8km/L
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:195/60R15
●当時価格:218万4000円

[ アルバム : 2代目セリカXX はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します