現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ランエボ】ランサーエボリューションの進化を辿る (その1)ランサーエボリューション(初代)

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.22

【ランエボ】ランサーエボリューションの進化を辿る (その1)ランサーエボリューション(初代)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランエボと言えば三菱自動車の一番トガった部分を担ったクルマだ。当時としてはハイパワーなエンジンと、常に最新のフルタイム4WDシステムを搭載。見かけはセダンだが紛れもないスーパーカーだったランエボの歴史を振り返ってみたい。まずは初代ランサーエボリューションから。

センセーショナルなデビューを飾った初代エボ
「ランサーエボリューション(1992年)」。WRC(世界ラリー選手権)では1980年代後半、4WDマシンの全盛時代に入っていた。日本からもミツビシ、スバル、日産、トヨタなど主要メーカーが参戦していた。

    運転免許証の番号、12桁の意味。最後のひと桁でアレがわかっちゃう!【くるま問答】

それにともない市販車もハイパワー4WDがブームとなる時代であった。WRCがより市販モデルに近い改造範囲を持ったグループAマシンで争われることとなったのも拍車をかけた。

それまでミツビシはギャランVR-4で戦っていた。当時の日本では先進的なフルタイム4WDシステムに、DOHCターボエンジンを搭載するという、当時としては最強スペックを誇ったマシンだった。

そのエンジンと駆動系を、さらにコンパクトなボディに搭載して1992年に登場したのが「ランサーエボリューション(以下ランエボ)」だ。4G63型エンジンは、2Lターボとしてはトップクラスのパワーとトルクを発揮。鋳鉄製のシリンダーブロックを採用し、信頼性、耐久性が抜群のユニットだった。

駆動系もギャランから受け継いだ4WDシステムで、センターデフにはLSDとしての役割を果たすビスカスカップリングが装備され、高いトラクション性能を誇るクルマとなった。(文:若槻幸治郎)

ランサーエボリューション 主要諸元(1992年)
●全長×全幅×全高:4310×1695×1395mm
●ホイールベース:2500mm
●車重:1240(1170)kg
●エンジン型式・種類:4G63インタークーラーターボ・DOHC[16V]直列4気筒
●排気量:1997cc
●最高出力:250ps/6000rpm
●最大トルク:31.5kgm/3000rpm
※( )内はRS

[ アルバムはオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • evo*****|2019/01/22 07:26

    違反報告

    ぜひ、復活して欲しいです!
  • new*****|2019/01/22 08:06

    違反報告

    三菱全盛期の代表的な車ですね。こんなに落ちぶれるとは…
  • oka*****|2019/01/22 08:23

    違反報告

    これだけ?
    モデルチェンジ後はどこがどう変わったとか
    どこの弱点を克服したとか言う内容を期待します。
    エボは長い歴史で成熟されて来た車だからネタも多いと思うので。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します