現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 魅力あふれる働くクルマ 趣味にも活かしたい国産商用車5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.9

魅力あふれる働くクルマ 趣味にも活かしたい国産商用車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■趣味や普段使いに選択したい商用車5選

 いま、日本で売れているクルマといえばミニバンやコンパクトカー、軽自動車ですが、その用途は人それぞれ千差万別でしょう。なかにはクルマを趣味のために選んで購入したという方も多いはずです。

    ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 趣味を重視して使うならば、あえて商用車を買うという選択肢もアリです。バイクや自転車が趣味ならワンボックスタイプが理想的でしょう。また、オフロードコースを走る「クロスカントリー」では、かつては三菱「ジープ」やスズキ「ジムニー(かつては商用車でした)」などが人気でした。

 そこで、趣味や遊びに活かせるような魅力的な商用車5車種を、現行モデルのなかからピックアップして紹介します。

●トヨタ「プロボックス/サクシード」

 トヨタのベストセラーバンといえば「プロボックス/サクシード」で間違いないでしょう。かつては5ナンバーワゴンもありましたが、2014年のビッグマイナーチェンジを期に4ナンバーのみとなりました。同時に「プロボックス」と「サクシード」では外観や積載量に差がありましたが、これも統一されました。

 さらに2018年11月にはハイブリッド車が追加され、燃費はWLTCモードで22.6km/Lを実現。もともと定評のあった積載能力に加え、燃費性能も大幅に向上しています。

 また、「プロボックス/サクシード」の凄さはドライバーのことを考えた装備やアイデアが満載なところです。たとえば飲み物や、ノート、カバンなどを収納する物入れの多さや使い勝手のよさ、長距離移動でも疲れにくいフロントシートなどです。

 こうした装備は仕事で使う以外でも活きてきます。なによりも、丈夫で、手頃なサイズながら荷物がたくさん積める「プロボックス/サクシード」ですから、その用途は多岐にわたることでしょう。

●トヨタ「ハイラックス」

 国内のピックアップトラック市場は、一時期、日産、三菱、トヨタ、マツダによって活気がありましたが、その後各社が撤退を始め、完全に消えてしまいました。

 そして、2017年にトヨタは13年ぶりに「ハイラックス」を発売し、国内の量産ピックアップトラックが復活することになりました。

「ハイラックス」は2.4リッターのクリーンディーゼルエンジンを搭載し、ダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステムを装備。悪路走破性を高めたタフな4WD車として仕立てられています。

 室内は「ダブルキャブ」と呼ばれる4ドアの5人乗りとなっており、最大積載量は500kgと、人も荷物も余裕をもって運ぶことができます。

 さらに、荷台をバンのように覆う「キャノピー」や、各種カスタマイズパーツが「モデリスタ」や「TRD」から発売されているので、用途や好みに合わせ仕立てることもできます。

■商用車の枠を超えた話題車

●日産「e-NV200」

 日産「e-NV200」はバンタイプの「NV200バネット」をベースに、先代「リーフ」のパワートレインが移植された電気自動車です。

 2018年4月のマイナーチェンジでは、40kWhの大容量バッテリーの採用により、航続距離300km(JC08モード)を実現しています。

 走りは「リーフ」と同様に静粛性が高く発進加速に優れたEVならではのものとなっています。また500kgから550kgの最大積載量がある荷室は、最長で183cmのフロア長があるので、車中泊にも適しています。

 電気自動車である「e-NV200」は、室内に100Vのコンセントを2個装備し、最大で1500Wの給電が可能です。家庭で使う電化製品ならばほとんどのものが使え、1000Wで約15時間給電できます。

 EV充電器を備えたキャンプ場も広がりをみせているので、キャンプに活用したり、災害時にも活躍することも期待できます。

●ホンダ「N-VAN」

 商用車はモデルサイクルが長く、なかなか新型車が発売されません。たとえば現行モデルのマツダ「ボンゴ」は19年も販売しています。

 そんななか、2018年7月にホンダから新型軽バン「N-VAN」が発売され、大いに話題になり、商用車が見直されるきっかけにもなりました。

「N-VAN」はトールワゴンの「N-BOX」のシャシをベースとしていますが、助手席側のセンターピラーを排除することで使い勝手を高めています。

 また「センタータンクレイアウト」に代表されるホンダの低床化技術により、フラットなフロアを実現し、1000ccクラスのオートバイを積載することも可能です。

 軽自動車なので維持費も安く、趣味に特化した2台目という使い方もアリでしょう。

■名車の名を継承している唯一の存在

●三菱「ランサーカーゴ」

 三菱が販売している「ランサーカーゴ」は日産「NV150 AD」そのもので、OEM販売になります。三菱以外ではマツダにも供給されていて、現在、ステーションワゴンタイプのバンは、「プロボックス/サクシード」と「NV150 AD」しかありません。

 では、なぜ「NV150 AD」ではなくて「ランサーカーゴ」を取り上げたのか、と、疑問に思う方も多いと思います。理由は三菱の名車「ランサー」の名を継承しているクルマが「ランサーカーゴ」だけだからです。

「ランサー」シリーズは、初代からラリーを舞台に名を馳せ、2016年の「ランサーエボリューション ファイナルエディション」をもって販売が終了しましたが、名前はこの「ランサーカーゴ」によって引き継がれています。

 名前の件はともかくとしても、「プロボックス/サクシード」同様に仕事で運転するドライバーのことがよく考えられた作りになっていて、普段使いにも有効です。

 パワーにはほとんど差がないにも関わらず、FF車が1.5リッターエンジンにCVTで、4WDが1.6リッターエンジンに4ATを採用していることは、おもしろいと受け取るか、合理的ではないと受け取るか意見は分かれるところですが、「ランサーカーゴ」=「NV150 AD」の個性になっているのではないでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kk3*****|2019/01/09 07:44

    違反報告

    「三菱が販売している「ランサーカーゴ」は(中略)三菱以外ではマツダにも供給されていて…」
    もうマツダに供給してないよ。いつの話だよ。
  • tam*****|2019/01/09 08:06

    違反報告

    誰かがどこかでコメントしてたけどサクバンやプロBOXは働く漢の戦闘機って言っててその通りと思った(笑)
  • mog*****|2019/01/09 07:04

    違反報告

    日産・e-NV200「ガソリン車は4ナンバーだけど、オイラは高速料金が上がる1ナンバーだよ~。」
    ホンダ・N-VAN 「視界は悪くなるから1000㏄クラスのバイクは載せちゃダメ。」
    マツダ・ファミリアバン「…」

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します