現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ4WDシステムはメーカー差が存在? 微妙に違う切替方式や採用背景とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

なぜ4WDシステムはメーカー差が存在? 微妙に違う切替方式や採用背景とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■4WDにはさまざまな種類が存在

 冬場のウィンタースポーツやレジャーで活躍する「4WD」。自動車メーカー各社ではさまざまな方式の「4WD技術」を開発・採用しています。

    トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 4輪のタイヤを駆動させるという意味では各社同様ですが、『2WD⇔4WD』や『4WD⇔強化版4WD』といった切り替えが可能なモデルも存在。常に4WD状態の方が良いイメージはありますが、なぜ切り替えが可能なのでしょうか。

『2WD⇔4WD』の代表例として、国内メーカーのコンパクトカーや軽自動車には、FF(2WD)をベースにフロントタイヤの状況に応じてリアタイヤの駆動を自動制御するシステムが採用されている場合が多いです。

 一方、『4WD⇔強化版4WD』はSUV車など悪路走破を想定されるモデルに採用され、通常の4WDでは、走行が難しい雪道の急坂やスタック脱出といった場面で、駆動力の増加や固定、ブレーキ介入などを自動的に行います。

 人気SUVモデルでは、日産「エクストレイル」や三菱「エクリプス クロス」などが『2WD⇔4WD』。スバル「フォレスター」などは『4WD⇔強化版4WD』といった方式を採用。

 2WDをベースにするメリットとして、通常走行時に不要な駆動伝達を抑え、2WD状態で走行することにより燃費性能を向上させています。

■完全自動制御のメリットとは

 手動切替でなく『2WD⇔4WD』を完全自動制御するモデルも存在。マツダのAWD車(FFベース)は手動切替方式を採用していません。なぜ、同じ4WDシステムなのにシステム性に差があるのでしょうか。

 駆動力の完全自動制御システムを採用している理由について、マツダは次のように話します。

――なぜ、『2WD⇔4WD』を手動切替でなく、自動制御するのでしょうか。

 基本的に、4WDは雨の高速道路や雪の坂道などの場面でも安全に走行できるシステムです。そのため、万が一の「滑る」状況が起きる前にさまざまな制御で、「滑りにくく」させます。

 そのため、人による切替よりも常に自動で制御するほうがあらゆる場面に瞬時に対応できるという考えのもと、マツダの4WD技術「i-ACTIV AWD」を採用しているのです。

 しかし、『2WD⇔4WD』や『4WD⇔強化版4WD』の切替がダメな訳ではありません。積雪地や山間などに住まわれている場合、手動で切替ができる方が運転が楽なこともあります。

 また、昔から「4WD技術」に力を入れているメーカーであれば、その技術とノウハウを活かす方がクルマのキャラクターを際立たせるために必要な要素といえます。

※ ※ ※

 20年振りのフルモデルチェンジで話題となったスズキの新型「ジムニー」やトヨタ「ハイラックス」は、国内の現行ラインナップでは珍しい4WDシステムを採用。

 これは、ほかの4WDシステムと違い通常走行時に4WDに切り替えるとフロントタイヤとリアタイヤの回転差を吸収する機構を備えていないため、4WD時に舗装された道でハンドルを無理に切ると、各パーツを破損させる恐れがあります。

 このようにさまざまな種類が存在する「4WDシステム」。それぞれのメリットやデメリットを知ることで、より快適な運転が可能です。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/01/08 07:33

    違反報告

    「ジムニー」や「ハイラックス」は、国内の現行ラインナップでは珍しい4WDシステムを採用。ほかの4WDシステムと違い通常走行時に4WDに切り替えるとフロントタイヤとリアタイヤの回転差を吸収する機構を備えていないため、4WD時に舗装された道でハンドルを無理に切ると、各パーツを破損させる恐れがあります。
       ↑
    珍しいやら破損やら否定的な表現は良くないな、何故ならジムニー·ハイラックス共に所謂完全なオフ車やから。
    誤解を招く様な表現はどうかと思うで(笑)。
  • hid*****|2019/01/08 10:17

    違反報告

    「なぜ~メーカー差が~」と問うのではなく、何がどう違うか。
  • tak*****|2019/01/08 16:39

    違反報告

    4WDにはさまざまな種類が存在
    もう一寸中身を書いてもらえれば・・・
    種類説明に於いても
    通常の車両用としては『パートタイム型』、『フルタイム型(センターデフ有)』、『オン・デマンド型/スタンバイ型(ビスカス及び電子制御等)』、『電気型(e-4WD)』があり、用途及び費用対効果で採用される種類が変わる・・・
    また、メーカー差と記載されるが、正しくは車両の主となる用途(コンセプト)によって種類に差が出ているものと思われます。
    (例:へヴィークロカン車両設定の無いホンダ社の国内販売車両にはパートタイム型4WDが無い)


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します