現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「メルセデス・ベンツ Cクラス」2018年10月放映 (2014年7月FMC/2017年7月一部改良/2018年7月一部改良)

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.6

【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー「メルセデス・ベンツ Cクラス」2018年10月放映 (2014年7月FMC/2017年7月一部改良/2018年7月一部改良)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーターマガジンMovieで、10年以上に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。チャンネル登録者は7万7000人を超えています(2018年12月現在)。今回のお届けは、大幅な改良が行われたメルセデス・ベンツ Cクラスです。

大幅改良が行われたメルセデス・ベンツ Cクラス
6500カ所に渡る改良が行われた新型Cクラス。
セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレ4車種23グレードの刷新ということになります。

    【やんちゃなトヨタ】セラ トヨタのやり過ぎた傑作車たち その1

今回はその中から、動力補助として「BSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)+48V電気システム」を搭載した完全新設計直列4気筒1.5リッターターボエンジン採用のセダンC200アバンギャルドをメインに試乗しました。

BSGとは、ベルトを介してクランクシャフトと接続されるモーターのことで、スターターとジェネレーターの役割を担います。

48V電気システムは、回生ブレーキ等で発電した48Vの電気をリチウム電池に蓄積し、必要な時に動力の補助を行います。いわゆる、マイルドハイブリッドシステムですね。

竹岡 圭さんは「BSG+48V電気システム」を、試乗フィーリングを交えながら丁寧に解説してくれています。さっそくご覧ください。



■メルセデス・ベンツ CクラスセダンC200アバンギャルド主要諸元
●全長×全幅×全高=4686×1810×1442mm
●ホイールベース=2840mm
●エンジン= 直4DOHCターボ
●排気量=1497cc
●最高出力=184ps/5800-6100rpm
●最大トルク=280Nm/3000-4000rpm
●モーター最高出力=ブースト時14ps/回生時16ps
●モーター最大トルク=160Nm
●トランスミッション=9速AT
●駆動方式=FR
●車両価格552万円(税込)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jan*****|2019/01/06 20:11

    違反報告

    ストレスフリーで燃費も良かった2Lの国内販売をなぜやめたんだろうね。
    でパワーが欲しければAMG?そこまでとんがらなくてもアウトバーンは無いけどアップダウンの多い高速で1.6では全然足りない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します