現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヴェンチュリ チャレンジ400【スーパーカー第二黄金期】 バブルな時代のスーパーカーたち(その8)

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.31

ヴェンチュリ チャレンジ400【スーパーカー第二黄金期】 バブルな時代のスーパーカーたち(その8)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一次のスーパーカーブームが落ち着いてから約10年。1980年代末に日本はバブル景気に突入する。そんな時代に新たなスーパーカーが数多く登場し「スーパーカー第二黄金期」が到来する。年末年始スペシャルとして、日本が最も輝いていた華やかなりし時代の寵児たちを振り返ってみたい。第8回は、フランスのスーパーカー「VENTURI Challange 400:ヴェンチュリ チャレンジ400」だ。(ホリデーオート2018年11月号より)

フレンチミッドシップのヴェンチュリ、スーパーに変身!
「VENTURI Challange 400:ヴェンチュリ チャレンジ400」

    【やんちゃなトヨタ】セラ トヨタのやり過ぎた傑作車たち その1

1985年に設立されたフランスのスポーツカー・メーカー、MVSヴェンチュリ。MVSとはフランス語で「スポーツカー製造会社」を意味する。89年に社長が交代して単にヴェンチュリと社名を変え、1990年代にはF1のラルース・チームのオーナーにもなっていた。

そんなヴェンチュリ社が92年のパリ・モーターショーで発表したのが、このチャレンジ400だった。従来までのミッドシップスポーツ、210/260をベースにしているが、両サイドの大きなエアインテークやフェラーリ F40風にそびえ立つ巨大なリアウイングなど、かなり過激に変身した。

パワーユニットはPRV(プジョー・ルノー・ボルボ)が共同開発した3L V6を縦置きミッドシップし、しかもベースのエンジンはSOHCだがヘッドを4バルブDOHC化して、さらに各バンクごとにターボ&インタークーラーを装着している。パワースペックは最高出力400ps(車名はここに由来する)/最大トルク49.0kgm。公称の最高速度は350km/h。インテリアもメーターパネルなどにCFRPを採用し、スパルタンな雰囲気にまとめられている。

ヴェンチュリ チャレンジ400は93、94年のル・マン24時間にも出場し、完走を果たしている。
(文:ホリデーオート編集部)

ヴェンチュリ・チャレンジ400 主要諸元(1992年)
●全長×全幅×全高:4120×1990×1170mm
●ホイールベース:2400mm
●重量:1450kg
●エンジン種類:V6 DOHCツインターボ
●排気量:2975cc
●最高出力:400ps/6000rpm
●最大トルク:49.0kgm/3500rpm
●トランスミッション:5速MT
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●タイヤサイズ:前245/40ZR18・後285/35ZR18

[ アルバム : ヴェンチュリ・チャレンジ400 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • whe*****|2018/12/31 21:51

    違反報告

    ヴェンチュリはバブルが生み出した低俗なスーパーカーではない。
    当時バブルに湧いていたのは日本だけだからだ。
    ヴェンチュリは純然たるフランスのスーパースポーツカーだ。
    奇抜なスタイルこそ与えられなかったが、それなりのコースへ連れ出せば相当なパフォーマンスを示した。
    最高速度350km/hも満更嘘でもない。
    どちらかといえば最大出力400psというのが控え目なくらいだった。
    今でも有志がグッドウッドイベントに持ち込んだり、ヨーロッパ諸国で行われるラリーイベントに参加していたりする。
    どちらかといえば、評価の低かったスーパースポーツカーだと自分は思っている。
  • qhc*****|2018/12/31 22:15

    違反報告

    当時のオラついた人たちはセドグロに乗っていた。
  • rin*****|2018/12/31 21:37

    違反報告

    350キロはないでしょぅ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します