現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【自動車博物館へ行こう】ニッサンR382は日産ヘリテージコレクションのハイライトというべき1台

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.22

【自動車博物館へ行こう】ニッサンR382は日産ヘリテージコレクションのハイライトというべき1台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1969年の伝説の日本GPをご存知だろうか。日産ヘリテージコレクションにはその日本GPを制した憧れの名車「ニッサンR382」も展示されている。当時を知らない人もあの時の興奮を感じることができることだろう。(Motor Magazine 2017年3月号より)

1969年日本GPを制したイエローのニッサンR382を展示
第3回日本GPをプリンスR380で制したものの、翌年1967年の第4回日本GPではポルシェカレラ6に敗れたニッサンは、1968年からグループ7(2座オープンボディでエンジン排気量無制限)のプロトタイプカーも参加できることになったことから、いよいよビッグマシンの開発を決断。

    大坂なおみスペシャルの日産GT-R特別仕様車の予約受付を開始!

こうして誕生したシボレー製5.5L V8エンジンを搭載する「ニッサンR381」で1968年の第5回日本GPを制覇したニッサンは、ますます激化する「ニッサン/トヨタ戦争」に対応すべく、ついに6L V12エンジンを搭載したモンスターマシンを生み出すことになる。

これが日本のモータースポーツの歴史に燦然と輝く「ニッサンR382」だ。

エンジンはシボレー製5.5LのV8 OHVから自製の6LのV12DOHCに換装、最高出力は実に600psに達していた。「ニッサンR381」の特徴であった可変リアウイングが禁止となったことから、エアロダイナミクスは追求したボディラインは美しい曲線を描き、世界でもっとも美しいレーシングカーとも言われた。

ニッサンR382は、1969年、歴史に残るあの日本GPで見事に1-2フィニッシュを飾っている。日産ヘリテージコレクション展示車両は1969年日本GP優勝車だ。

ニッサン R382 (1969年 日本GP優勝車両)
●全長×全幅×全高=4045×1870×全高925mm
●ホイールベース2400mm
●エンジン= V型12気筒DOHC(GRX-3型)
●排気量=5954cc
●最高出力=600ps以上
●最大トルク=62.0kgm
●車両重量=790kg

日産ヘリテージコレクション
日産自動車の80年あまりの歴史を見ることができるスペース。新型車の開発、試作、設計製作を行う日産の生産技術の拠点である座間事業所内に併設され、1930年代の生産車から歴代のレースカーまで、日産のオンロード、オフロード両面の歴史を物語る車両など約400台の記念車を所蔵し、うち常時約300台を展示している。日産自動車の座間事業所内に併設されているということもあって、公式サイトから応募フォームにより事前申し込みが必要だが、入場料はなんと無料。アクセスはあまり良くないが、行ってみる価値ありだ。

●住所:神奈川県座間市広野台2-10-1 
●入館料:無料(応募フォームにより事前申し込みが必要)
●開館日:申し込みカレンダーにて確認 
●駐車場:あり
●問い合わせ先:☎046-298-4355(受付時間:月~金10:00~16:00※ただし12:30~13:30は除く)http://nissan-heritage-collection.com/
●電車でのアクセス:小田急江ノ島線南林間駅から神奈川中央交通バス「日産」「相武台前駅」「小田急相模原駅」行、「ひばりヶ丘1丁目(または小松原)」下車、徒歩7分。または相鉄本線さがみ野駅から相鉄バス「南林間駅」行「ひばりが丘1丁目(または口機入口)下車、徒歩7分
●クルマでのアクセス:東名高速道路「横浜町田インター」から国道16号線を八王子方面へ。国道246号線を左折、東原4丁目交差点を右折、2つめの信号を左折、1つめの信号(正門前専用信号)前が座間事業所2地区正門、約30分
●展示車両は入れ替えあり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Motor Magazine編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/12/22 16:33

    違反報告

    「シボレー製5.5L V8エンジンを搭載する「ニッサンR381」
       ↑
    この時代、トヨタと日産は全面戦争を繰り広げていた。サーキットでの練習走行さえ時間の奪い合いとなる位だったが、日産はあくまで自社エンジンで練習を行っていた、、、がレースに使ったのはムーンチューン·シボレーを日産が修正したシボレーエンジン。
    奇襲作戦にトヨタ勢は完敗。細谷四方洋は河野二郎に対し「日産がシボレーならトヨタはベンツエンジンを」と進言した所、自社への技術フィードバックが第一だと河野に一喝されたらしい。
    続くR382もトヨタ7よりも完成度は高く、黒澤元治が優勝。しかしながら想定していたカンナム要員はあくまで北野元やったらしい。
    作戦面にも優れていた日産勢、この頃の強さの秘密はこうした所にも有った。
  • ten*****|2018/12/22 21:22

    違反報告

    座間にあるこちらの日産ヘリテージコレクション
    ワタシ、3回は見学したかな…
    とにかく、正直何度行っても
    「アレ…?前回このクルマ見たっけ…?」というほど
    圧倒的な品ぞろえ(と言っていいのか…w)ですねぇ~。
    このRシリーズは展示場の一番奥のエリアに並んでいますね。
    (この画像ではちょうどR381が貸出し中で不在のようですね)

    当時の日本グランプリのことを残念ながら知らない世代のワタシですが、
    このエリアに来ると、鬼のように写真撮りまくってしまいます…w
    前回も、その前もココで写真撮ってるのにもかかわらず…w

    こんな超絶なマシーン達が、あの富士スピードウェイの30度バンクに
    突っ込んで行くなんて…胸熱ですなぁ…
    すごい時代だったんですね…

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します