現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マクラーレン、マルボロカラーが懐かしい特別なP1-GTRを公開

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.25

マクラーレン、マルボロカラーが懐かしい特別なP1-GTRを公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英マクラーレンは12月20日、「マクラーレンP1-GTR」をベースにビスポーク部門MSO(マクラーレン スペシャル オペレーションズ)が製作した、アイルトン・セナのF1タイトル獲得30周年記念モデルを公開した。

1988年は、不世出の天才ドライバー、アイルトン・セナが「マクラーレン MP4/4」を駆り、自身初のF1ドライバーズタイトルを獲得した記念すべき年。それから30年を経た今、当時と同じアイコニックなマルボロカラーにペイントされたオマージュモデルが、幼少期からセナに憧れてきたオーナーとMSOのコラボレーションにより誕生した。

両親がセナを呼ぶ際のニックネーム「ベコ」という呼称が与えられた特別なP1-GTRは、製作に3年の歳月を費やしたエクスクルーシブなモデル。ドアに描かれた母国ブラジルの国旗、マルボロの文字をイメージしたバーコード、ノーズにあしらわれた当時のカーナンバー「12」など、外装の仕上げだけでも800時間以上かけられており、顧客の情熱にはどこまでも応えるMSOの姿勢が随所で示されている。

メカニカルな面のビスポーク仕上げにも注目だ。エンジン周りには24金のヒートシールド、レキサン製のカバーなど数々の特別装備が与えられ、数値は明らかにされないものの、パワーアップを果たしている模様。エアロダイナミクスの改善も図られており、フロント及びリアのウイング類がモディファイされたことなどによって800kgを超えるダウンフォースを実現している。

アルカンターラがふんだんに用いられたインテリアは、随所にレッドのコントラストが入れられ、乗り込んだだけで「ベコ」が吊しのP1-GTRではないことを雄弁に訴える。もちろん、サーキット志向はここでも一貫しており、「マクラーレン・セナ」用の超軽量シートが据え付けられるほか、セナへのオマージュを表した特製ヘルメットも用意されている。

P1-GTRのデビューは2015年。世界中の富裕なファンが我先にと納車を焦るなか、3年をカスタマイズに費やしたオーナーの見識には脱帽だ。かなうならばサーキットで疾走する姿も目にしたいものだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します