現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】トヨタ、プリウスをマイナーチェンジ、 あの顔は大幅変更に!

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.17

【ニュース】トヨタ、プリウスをマイナーチェンジ、 あの顔は大幅変更に!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月17日、トヨタはハイブリッドカーのプリウスをマイナーチェンジして、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて発売した。

プリウスはマイチェンでスタイルを一新。コネクテッドカーへと進化

今回のマイナーチェンジでは、まず内外装を一新。とくにフロントフェイスの印象はガラッと変わった。さらにバンパー、ランプ類などのデザインを変更し、踏ん張り感のあるシルエットを実現した。とくにヘッドランプ、リアコンビランプのデザインが変更されたことで、従来型からの印象はかなり変わった。

室内はインストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとした。

なお、“ツーリングセレクション”には、外板色とブラックの幾何学調ルーフフィルムをあしらったカラーリングを採用し、スポーティかつプレミアムな印象を高めている。

また、すべてのユーザーがコネクティッドサービスを体感できるように、専用通信機DCM(データ・コミュニケーション・モジュール)を全車に標準搭載。T-コネクト サービスを3年間は無料で提供する。

専任のオペレーターサービス、ハイブリッドナビ機能やLINEマイカーアカウントなど、クルマが人や社会と通信でつながることで、24時間365日、カーライフを充実させるさまざまなサービスを利用できる。

さらに、昼間の歩行者も検知対象とするプリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)をはじめ、車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストするレーンディパーチャーアラートや、全車速に応じて追従走行を支援するレーダークルーズコントロール、夜間の見やすさをサポートするオートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Tトヨタ セーフティセンス」を全車に標準装備した。

大型スマホにも対応する置くだけ充電や、吸い込み方式のシートベンチレーションといった便利・快適機能も拡充している。車両価格は、以下のとおり。

月販目標台数は6600台。クセの強すぎるデザインで好き嫌いの分かれていたプリウスだが、今回のマイナーチェンジでユーザーの評価はどう変わるか、注目したい。

[ アルバム : トヨタ・プリウス はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します