現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「FZR400R」レース出場も可能な限定モデルとして誕生した!

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.13

ヤマハ「FZR400R」レース出場も可能な限定モデルとして誕生した!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■メーカーは積極的にレーサーモデルを開発し発売した

 ヤマハ「FZR400R(1987)」は、デルタボックス(アルミフレーム)に4ストロークエンジンの排気システム「EXUP(エグザップ)」を初採用し、さらに、この車両は当時参加者が急増していたSPレース出場用の車両として発売された限定モデル(2500台)です。

    2ストロークのヤマハ 「RZ」は熱狂的時代の象徴だった

 当時レーサーレプリカの最高峰とも言える「FZR400R」は、新車価格89万円と他社のバイクとの価格差も広く、豪華モデルと位置付けられていました。

 69万8000円の通常モデル(FZR400)とは、シングルシートやアルミ製タンクカバーが装備され、エンジンは強化クラッチ、クロスミッションなどを採用しています。そのほかサスペンションやブレーキにも手が加えられ、当時人気を呼んでいた鈴鹿4時間耐久レースや全日本F3選手権にも出場が可能なスペックを誇っていました。

 ハンドリングに拘るヤマハは、本格的にラジアルタイヤをFZR400Rに採用し、今の時代を作ったといっても過言ではないでしょう。

 FZR400のSP仕様は、1994年にカラーリングを変更したFZR400RRを最後に発売、その後レーサーレプリカブーム終焉とともにFZRは姿を消します。

 XJ 400ZSから続いた400cc水冷 4気筒エンジンは、フルカウルモデルのFZR 400からFZ400に引き継がれネイキッドモデルの時代へと移行します。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します