現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Cクラスが100万円! 中古車購入時に失敗しないポイント4つ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.4

メルセデス・ベンツ Cクラスが100万円! 中古車購入時に失敗しないポイント4つ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価格以上の高級感を得られる先代Cクラス

チョイ古なメルセデスほど万能性の高いクルマはないだろう。どこへ乗って行っても誰とばったり出会っても文句ナシ。なかでもCクラスは、年齢性別問わず乗れるし、取り回しもちょうどいい。ひと世代前のモデルなら嫌みもないし、買った値段もバレにくい。初めてのメルセデスにも好適な先代メルセデス・ベンツCクラスを予算100万円でサラッと選べば、きっとあなたのカーライフに新しい何かをもたらしてくれることだろう。

    2億円以上の価値あり、ビス1本から当時を再生する「ブラバス・クラシックメルセデス」の魅力



ダウンサイジング時代にミートしたサイズ感

~豊富な流通量と乗り替え時期の旨味~

2007年から2014年まで販売されたメルセデス・ベンツCクラスの3代目モデルは、発表時に「アジリティ(敏捷性)」というキーワードを掲げて登場した。コンパクトなサイズ感とメルセデスらしい乗り味が自慢の歴代モデルの中で、ステアリングを握る楽しさや出足の良さ、そして経済性や環境性能により一層フォーカスしたのがW204型だ。新車当時、時流はダウンサイジング傾向であったため、Eクラスからの買い替えや、他社ミディアムクラスからの乗り替えも多かった。おかげで中古車の流通量は豊富、100万円以下の予算でも100台以上が見つけられる。また生産終了から4年経ち、手放すオーナーが増えてきた今が、ハイコンディションかつ値頃感のある中古車を探すには良い時期の到来、と言えそうだ。



新車時価格と中古車相場のバランスは?

~これから1年ほどが高バランスで買える旬な時期~

W204・Cクラスの新車時価格は、初期モデルのC200コンプレッサーエレガンスが450万円、C200コンプレッサーアバンギャルドが460万、C250エレガンスが558万円、C250アバンギャルドが570万、C300アバンギャルドSが664万円というプライスだった。2009年後半から新開発エンジンの導入が始まり、2011年にマイナーチェンジを敢行。この時点でプライスは399万~567万円とより買いやすくなった。

今から中古車を探して乗るなら、もちろんマイナーチェンジ後を探すのがベターだが、メルセデスの入門用としてカジュアルに乗るなら、エンジンの熟成が進んだ中期モデル、2008~2009年あたりに絞り込むのも堅実。

ちなみに2009年から2014年までの中古車でも50台近くは流通しており、新車から乗って手放すオーナーがまだ増える傾向にあるから、ここ1年ほどの期間は程度良好な中古車を探すには良い時期とも言える。

前述のとおりW204は、ワンランク上の車格を維持していたユーザー層が降りてきたモデルでもあり、過去のCクラスの中古車と比較してもコンディション良好な個体が多いのも魅力のひとつと言えそうだ。



100万円のCクラスを選ぶ基準は?

~走行距離よりMC後モデルを狙うのがオススメ~

中古車の現況を調べてみると、最安値は約55万円程度から。走行距離が10万kmを超えるような個体は少なく、7万km前後がボリュームゾーン。ボディカラーはカルサイトホワイトやオプシディアンブラック、イリジウムシルバーが多い。余談だが、中古車検索サイトで中古車を探す際に、私は「ボディカラーの表記」で販売店がどういう類いかを見分けるようにしている。

とくに輸入車はボディカラーにこだわって探す人も多く、販売する側が真面目であれば、正規のボディカラーを調べて表記するくらいの手間を惜むはずはない。ところが、いざ検索サイトで確認していくと、キチンと表記している店は多くない。こういった販売店の姿勢は、車種毎の知見にも繋がり、納車前点検整備の内容にも影響する、と私は考えている(あくまで個人的見解である)。話題が逸れてしまったが、100万円の予算でW204を探すなら、MC後モデルで走行距離ほどほど、ボディカラーはカルサイトホワイトを選んでおけば、リセールバリューも期待できるだろう。



狙うべきグレードは?

~経済性と走りの良さを叶えるC200CGIブルーエフィシェンシー~

3代目Cクラス・W204は、2010年にエンジンラインナップが刷新され、2011年のMCでは内外装や機能装備などおよそ2000ヶ所にもおよぶ変更をおこなっている。中古車を選ぶとなれば、誰もが後期モデルが最善を考えるかもしれないが、この車に何を求めるかを整理してみてはどうだろうか。

限られた予算内でメルセデスの良さを味わい、愛車として維持していくことを念頭におけば、燃費や税金などの経済性も考慮すべき。となれば、エンジンは1.8L直噴ターボのC200CGIブルーエフィシェンシーに絞り込み、タイミングが良ければフェイスリフトとインテリアがリファインされた後期モデルに出合えるかもしれない、という塩梅で探し始めるのが賢いのではなかろうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • k_t*****|2018/12/04 08:05

    違反報告

    これイイですね、コンパクトで小回りきいて、
    トラブルなく元気に走りました。
    ベンツは走りがつまらない、って思ってる人は
    スポーツパッケージプラスのオプション付きなら
    結構印象変わるだろう。買って気に入らなくても
    まあイイやってくらいの値段だし。
  • mig*****|2018/12/04 09:21

    違反報告

    メルセデス、BMW、アウディは中古車がほんとお買い得。新車でCクラス買うなら同じ値段で3〜4年落ちのSクラス買える事もある。
    海外だと3〜4年落ちくらいじゃあんまり値段下がらないけど、日本では半額に。
    日本は中古車天国です。
  • kan*****|2018/12/04 09:50

    違反報告

    Cクラスの中古車で失敗すること自体、少ないと思う。荒く乗られた個体は少ないが、中古車選びの鉄則で水、油の管理がはっきりしているもので、内装の痛みや汚れの無いものを押さえておきたい。
    サーティファイドカー保証のある個体は100万前後では無いかも知れないが、その分安心して乗っていられるので心配性な人にはいいだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します