現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 北米も不評だった… トヨタ「プリウス」新型で万人受けへ 歴代でもはじめての大幅デザイン変更の理由

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.2

北米も不評だった… トヨタ「プリウス」新型で万人受けへ 歴代でもはじめての大幅デザイン変更の理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■新型「プリウス」はより多くの人に受けて入れてもらえるデザインへ

 マイナーチェンジを施した新型プリウスが11月30日から一般公開されるロサンゼルスオートショー2018で正式に発表されました。現行型プリウスは日本ではまだマイナーチェンジを受けていないので、新型は日本に先立っての公開ということになります。そしてこのマイナーチェンジは、実に興味深いものです。

    もうかっこ悪いと言わせない!新型「プリウス」の画像を見る(10枚)

 興味深い理由は、エクステリアが大きく変更されているからに他なりません。一部が下に垂れ下がっていたヘッドライトはシンプルな形状となり、バンパーデザインの形状と相まって顔つきはスッキリとした印象です。

 リアスタイルも、縦型だったテールランプが横基調へと大幅に意匠変更されました。マイナーチェンジでここまで大きくデザインが変更されるのは、歴代のプリウスでもはじめてのこと。果たして、そこにはどんな理由があるのでしょう。

 気になったので新型プリウスの開発主査である金子將一さんに尋ねてみました。

「あくまで北米での話ですが、先代プリウスに乗っている年齢層が高めのお客様から『これは私たち向きではなく、私たちの子供世代が乗るデザインだね』といった声が多く届きました。せっかくプリウスに乗って頂いているのだから、ぜひ新型に乗り換えてもらいたい。さらにはもっともっと多くの人に乗ってほしい。そこで、より多くの人に受けて入れてもらえるデザインとしたのです」といいます。

 これは日本においても同じ傾向といえるでしょう。確かに、マイナーチェンジ前のプリウス(現在日本で販売しているモデル)は、チャレンジングなデザインで存在感があったものの、いっぽうで個性が強すぎるという意見がありました。しかしマイナーチェンジ後のモデルは、より多くの人に受け入れられるデザインになったことを感じます。

■PHVと同じ縦長の大型ディスプレイ内蔵の仕様も選べる

 インテリアでの大きな変更は、インパネまわりがPHVと同じ縦長の大型ディスプレイ内蔵の仕様も選べるようになりました。また一部の内装で白くて陶器のような雰囲気が特徴だったセンターコンソールも黒くなりました。これも個性的だった部分が、より幅広い層に好印象を受ける仕立てになったといえそうです。

 そのセンターコンソールはデザイン自体も変更。奥にあって使いづらいという意見も出ていたシートヒーターのスイッチがわかりやすい位置に移り、操作しやすくなったのもうれしい配慮といえるでしょう。

 また、北米仕様の新型プリウスでは4WDが追加されたのがトピックです。後輪にモーターを使う4WDシステム自体は日本仕様と同じですが、日本仕様が燃費重視の「ハイデフ」で、北米はギヤ比が変更されてよりトルクを出す味付け。また北米の後突安全基準を満たすように、日本仕様とは車体後部のフロアが別設計になっているいうから驚きです。

 そして気になるのは、日本仕様もこのデザインは反映されるのか? ということ。開発担当者を直撃してもその情報を聞くことはできませんでしたが、そう遠くないうちに日本でもマイナーチェンジを受けて北米向けの新型と同様のデザインになることは間違いないでしょう。

 噂では日本でもクリスマス前にも発表するとも言われています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 工藤貴宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します