現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱、新型「デリカD:5」を東京オートサロン2019に参考出品 予約受付も開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.21

三菱、新型「デリカD:5」を東京オートサロン2019に参考出品 予約受付も開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車は、2018年度内に発売を計画しているオールラウンドミニバン 新型「デリカD:5(ディーファイブ)」を、2019年1月11日から13日まで幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される東京オートサロン2019に参考出品する。また、2018年11月21日から全国の系列販売会社にて予約注文を受付開始する。車両本体のメーカー希望小売価格(予定)は約385万円~約425万円(消費税込)。


新型「デリカD:5」では、フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」やマルチLEDヘッドライトを採用し、一目で新型「デリカD:5」と分かる特徴的なエクステリアとなっている。
また、インストルメントパネルもオールラウンドミニバンとしての機能性と上質さをコンセプトに刷新。加えて、予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上させた。
パワートレインは、クリーンディーゼルエンジンと新開発の8速スポーツモードA/Tを組み合わせ、よりパワフル且つ静かで滑らかな走りへと進化させている。

    三菱「デリカD:5」の一部改良と同時に特別仕様車「JASPER」を設定

さらに新型「デリカD:5」では、洗練されたモダンなデザインの「デリカD:5 URBAN GEAR(アーバンギア)」も新規設定された。


「URBAN GEAR」のエクステリアは専用デザインのソリッドかつクリーンなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパー、ドアガーニッシュにより、ダイナミックな塊感を表現。また、マフラーの切り欠きを廃したリヤバンパーと、洗練されたイメージのリヤゲートガーニッシュ(クリア)を採用し、モダンでクリーンなスタイリングとした。
インテリアはバール杢(根の近くの瘤こぶにできる希少価値の高い木目)を再現し、艶の高い青みの黒木目をアクセントに配している。

なお、現行「デリカD:5」のガソリンモデルは継続販売されていく。

新型「デリカD:5」スペシャルサイト

三菱 デリカD:5 関連情報
三菱 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します