現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アプリリアの新スーパースポーツConcept RS 660! 新開発の中排気量パラレルツインを搭載

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.16

アプリリアの新スーパースポーツConcept RS 660! 新開発の中排気量パラレルツインを搭載

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EICMA2018で会場を湧かせたアプリリアのコンセプトモデルは、並列2気筒エンジンを搭載するSS(スーパースポーツ)系コンセプトマシンだった!REPORT●大家伝(OYA Den)

市販化に期待がかかるコンセプトスーパースポーツ

    【最長航続距離270km】アディバの250ccクラスの電動スクーター「VX-1」が国内発売に!

 アプリリアがEICMA2018で発表したConcept RS 660は、パワフルでありながら管理しやすいエンジン性能、フレームとサスペンションの卓越性、車体の軽量化を実現しつつスポーツバイクの新しいコンセプトを研究。しかも公道やサーキット走行といった需要にも応えるべく、ミドル排気量で並列2気筒といった魅力的で使いやすく、非常に高い技術の注がれたコンセプトマシンである。

 Concept RS 660の際立ったスタイルは、一連の空気力学的研究に由来するものだという。空気力学は現在のオートバイ分野において激しい発展の下にあり、アプリリアでは最高レベルのレースで培った空力負荷制御などの概念を盛り込み、革新的で洗練されたものとしている。
そして風洞実験で得られたノウハウから直線的なラインが採用され、空気流の方向と可変ダウンフォース値を考慮したモダンでダイナミックな形状としている。

 アプリリアのパッケージ化されたシャーシ構造は、そのノウハウも含めて世界中で認められている。そうした伝統に裏打ちされた製法によりConcept RS 660のアルミフレームとスイングアームは構成され、フレームはエンジンをストレスメンバー(補強部品)として利用してコンパクトながら高い剛性を確保。スイングアームの右側はマフラーを避けるために大きく湾曲した形状となり、リンケージを持たないショックアブソーバが重量削減に寄与している。


 搭載エンジンは660ccパラレルツインシリンダーで、Tuono V4とRSV4 1100 Factoryを強化する1100 cc V4から派生した非常にコンパクトな新世代ユニットとして完成した。このユニットの利点としてライダーに伝達される熱量が極端に低く、軽量なフレームとサスペンションを作成することを可能とするデザインの自由度が挙げられる。

 さて、この魅力的なSS系コンセプトマシンだが、Concept RS 660のプロジェクト自体が欧州での非常に戦略的な市場セグメントをターゲットとしているのは明白だ。そうした意味合いから、かなり重要な位置付けとなることは間違いなさそうである。それはアジアやアメリカ市場においても同様だというが、市販化の可能性を秘めたConcept RS 660の今後に注目したい。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します