現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 保管方法も大事? スタッドレスへの履き替えが増える時期 サマータイヤの正しい保管方法とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.11.12

保管方法も大事? スタッドレスへの履き替えが増える時期 サマータイヤの正しい保管方法とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■スタッドレスへの履き替えが増える冬季シーズン

 そろそろ冬の足音が聞こえる季節となりました。すでに一部地域では積雪も記録し、愛車の冬の準備を進めている人も多い事だと思います。そんなクルマにおける冬の準備として真っ先に思いつくのがスタッドレスタイヤへの交換が挙げられます。

    スタッドレスとオールシーズン、冬に履くべきタイヤはどっち?

 普段は雪の降らない都心部でも年に数回は大雪になることもあり、日常的にクルマを使用するユーザーは少なくないのではないでしょうか? そこで気になるのが、交換したサマータイヤの保管方法です。タイヤはいうまでもなく「ゴム」でできており、保管方法によって劣化具合に差が出ると言われていますが、はたして正しい保管方法はどういったものなのでしょうか?

■タイヤショップのプロに聞く正しい保管方法

 持込出張タイヤ交換をメインに東京神奈川に4店舗を構えるタイヤフィッターのサブマネージャー、本田奨さんにお話をお伺いしました。

――タイヤの保管方法で気をつける点はどこでしょうか?

「まずは日の当たらない風通しのよい場所に保管するというのが大切です。紫外線はゴムの劣化を速めてしまいますし、湿度が高い場所もタイヤに悪影響を与えてしまいます。」

――タイヤを保管するときの置き方はどうするのがベストですか?

「タイヤラックに保管する人もいるようですが、ベストは横に積み上げる形です。タイヤラックに保管するとタイヤへの圧力が点でかかってしまうため、変形の可能性があります。対して横に寝かせて置くことで面で圧力を受けられるので変形のリスクが少なく済みます。重ねることで下のタイヤへの負担が気になるかもしれませんが、ホイールに組んである状態であればホイールが支えてくれるので問題ありませんよ。」

――それ以外に気をつける点はありますか?

「保管中はタイヤの空気がどうしても抜けてしまうため、それを嫌って空気圧を高めにして保管をする人がいますが、実はこれはタイヤに大きなストレスを与えることになってしまいます。むしろ、空気圧は適正値の半分くらいまで落として保管してもらうほうがタイヤにとってはやさしいですね。」

■外したタイヤは場所を取るため、タイヤショップに預けるのもあり

 正しい保管方法はわかったけれど、マンション住まいなので置く場所は日当たりのいいベランダくらいしかない! という人もいるでしょう。そんな人にオススメしたいのが、「タイヤ保管サービス」です。

 近年、タイヤショップやカー用品店で実施しているサービスで、これを利用すれば保管場所はもちろんタイヤ交換時にいちいち運ぶ手間なども省けるだけでなく、プロの目でタイヤの状態を管理してくれるため、交換時期などのアドバイスもしてもらえるというメリットも存在しています。

 タイヤは決して安いものではないので、正しい保管方法を知って長持ちさせるのも大切なこと。本来ならまだ使えるタイヤをダメにしないためにも、もう一度保管方法を見直してみてはいかがでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 小鮒康一(通称 フナタン))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gx1*****|2018/11/12 07:46

    違反報告

    空気を少し抜いて保管・・・
    なんだか時々聞くよね。

    聞くんだけれども、その方が良いのかもしれないけれども・・・・
    自宅でエア充填をできる環境ではない自分がコレをやると、履き替え後にガソリンスタンドまで走っていく間、エアが不足している状態で走らざるを得ない訳で・・・。

    それがやっぱり嫌だ・・・。抵抗がある。
  • obe*****|2018/11/12 08:12

    違反報告

    空気圧なんか大した事じゃない。
    屋内保管が一番重要。
  • oya*****|2018/11/12 09:25

    違反報告

    タイヤって外で使うものだから、それ程シビアに考えなくてもよい。
    元々タイヤの中には劣化防止剤がしみ込んでいるので、それで守られている。
    だからといって、雨ざらしでいいかといったらそうではないけど
    日光が当たらなくて多湿な状態でなければ外でも問題ない。
    ただし、土の上ダイレクトはNGなので、木材などで浮かせること。

    タイヤの寿命を縮める原因の多くはユーザーの使用状況。
    空気圧を適正にする、洗車でのタイヤワックスや洗剤を多用しない。
    この2つを守っていればパンク以外のトラブルは大抵回避できる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します