現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【見てわかる福祉車両の種類】助手席リフトアップシート車ってなに?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.5

【見てわかる福祉車両の種類】助手席リフトアップシート車ってなに?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、数多くのモデルに設定される福祉車両は、高齢の方、歩行が困難な方の移動を快適にするべく、目覚ましい進化を続けている。そこで、福祉車両をタイプ別に分けて、その機能を解説しよう。

 

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

こんな方に:  日常的に車いすを使用しており、車いすから車のシートへの移乗が行える方に適したのが「助手席リフトアップシート車」だ。シート操作が電動式なので、助手席回転(スライド・チルト)シート車と比べ、介助者の負担が少ない。介助者がシートへの移乗を手助けできない場合に適している。

 

特徴: 助手席リフトアップシート車は、シートが回転して、車外へスライドダウンするタイプ。シートのスライドやリクライニングが電動で行えるため、手動操作の助手席回転シート車と比べて、介護者の負担が少ない。最前列のため見晴らしが良く、ドライバーとの距離が近いことが特徴で、後席のシートレイアウトにも影響を及ぼさないことから「普通のクルマ」として扱えるのもポイントだ。

 

購入の際の注意点: シートがクルマの横にせり出すので、自宅などの駐車スペースが十分であるかを確認する。また、シートが回転するとき、乗車する方の頭やつま先が当たらないかを実際の動作で確認しておきたい。

 

 助手席のドアを全開にして、リモコンスイッチを押し続けると、シートがスライドして背もたれの角度を自動的に調整しながら回転する。
※この車両は、トヨタ ルーミー 助手席リフトアップシート車です。
※写真の男性モデルの身長は180cmです。

 回転を終えると、シートが下降する。

 今回撮影したトヨタの「スペイド」や「ポルテ」には、リフトダウンしたシートがそのまま車いすとなり、移動できる(介助者が押す)タイプやアタッチメントを使うことで、日常使用している車いすで乗車することが可能な仕様もある。
※この車両は、トヨタ スペイド サイドアクセス車 脱着シート(手動式)+専用車いす仕様です。



【見てわかる福祉車両の種類】助手席リフトアップシート車ってなに?はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2018/10/05 18:05

    違反報告

    日産みたいに全電動じゃなきゃダメよ。
    トヨタは手動だからダメ。
    使いもんにならん。
  • one*****|2018/10/06 19:07

    違反報告

    この手の装置はもう随分と前からあるんだけど、未だに進化具合が芳しくないと感じる。
    基本的に各社の「姿勢」が装置の仕様に反映される。
    敢えて外注の専門業者に任せるスタンスのところもあれば、ディーラーで買えるよう準備はするけれど「なんで?」と思うくらい不便な仕立てのところも・・。
    個人所有なら車椅子ごと乗り込むよりもこういったシートが動く方が便はイイ、施設所有なら車椅子ごと乗り込める方が都合がイイ・・と。
    でも以前よりはマシかな・・各社それぞれでこんなの用意もしなかったし、特装扱いでもなかった。
    ボディ架装する会社を各々がグループ企業で持ってるんだから、やろうと思えば出来たハズなんだが・・コストかねぇ。
    結局地域の販社が独自ルートで外注できる業者を開拓してたね。
  • squ*****|2018/10/06 20:40

    違反報告

    ホンダは、このジャンルには昔から熱心ですよ!(アルマスシリーズ)

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します