現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 地震の際はクルマに鍵を付けたまま放置して避難!? 愛車はどうなる?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.3

地震の際はクルマに鍵を付けたまま放置して避難!? 愛車はどうなる?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 車両盗難の不安よりもまずは自分の命を最優先しよう

 地震大国・日本、先日も北海道で大きな地震がありました。いつ何時、自分の身に降りかかってくるか意識して、備えておくべきでしょう。さて、ドライバーとして覚えておきたいのは、災害にあったときのクルマの処遇です。

    【アウトドアから災害時まで役立つ】「車中泊」向きのクルマ5選

 災害により道路が進めなくなり、クルマを置いて避難する場合は道路ではない場所に移動するのがベストの選択になります。しかし、渋滞中に地震が発生するなどクルマの置き場がないこともあるでしょう。そうした場合は、道路上に愛車を置いて避難することになります。その際のマナーは把握しているでしょうか。

 基本的には、クルマを道路の左側に寄せて、エンジンを止め、ドアロックをせず、キーをつけたままにする(スマートキーの場合は車内のわかりやすいところに置いておく)となっています。これは、いつでも動かせるようにしておいて、そのあとに通る可能性がある緊急車両・救援車両の通行を邪魔しないためです。

 しかし、誰でも動かせるような状態に放置しておくということは、盗難の危険性も生まれます。だからといってあなたが愛車にカギをかけてしまったために、緊急車両などが通れないという状況は避けたいですし、必要となれば重機などで強制的に排除されることになりますから、無傷で済むとは限りません。

 つまり盗難の可能性は覚悟した上で、避難するほかありません。天災の場合は、保険が下りないこともほとんどで、補償がないというリスクはありますが、だからといって愛車にとどまることは命を危険にさらします。昔から「命あっての物種」といいます。たとえローンが残っている愛車であっても、思い入れが強い愛車であっても、自分の命を最優先したいものです。

 なお、盗難の対策にはならないまでも転売などの対策として、車検証を持ち出しておきたいところ。とくに軽自動車は認印で名義変更ができてしまいますから車検証は重要です。もっとも、災害の状況によっては、そんなことをしているより避難優先ということもあるでしょう。大事なことですから何度でも書きますが「自分の命を最優先」して行動すべきです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します