現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZF:トラック・プラトーニング(隊列走行)の実現へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.2

ZF:トラック・プラトーニング(隊列走行)の実現へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFのテクノロジーにより、商用車は「見て、考えて、動かす」事が可能になる。 プラトーニングにおいては、センサー、制御ソフトウェア、アクチュエーター間の相互作用が特に重要だ。ZFは、EUが共同出資する「ENSEMBLE」プロジェクトの一環として、トラックメーカーと連携してプログラムの試験を行い、2021年までにヨーロッパの道路でマルチブランド・プラトーニングを実現することを目指している。

 本プロジェクトでは、さまざまなメーカーのトラックが隊列を形成するため、ネットワークの標準化が不可欠である。現在のZFの製品ラインナップには、カメラ、およびレーダーといったセンサー類、ZF ProAIスーパーコンピューター、ReAx商用車用電動油圧式ステアリングシステム、トランスミッションシステムといった、プラトーニングを可能にするテクノロジーが含まれている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ZFの商用車事業部責任者のフレドリック・シュテッドラー氏は次のように述べている。「プラトーニングのような運転機能は、革新的なZFテクノロジーにより実現可能となります。当社では、物流の効率性を向上し総所有コストの削減ににも貢献できるネットワークサポートをトラックメーカーにすでに提供しています」

 プラトーニングでは、複数のトラックが接近して走行し隊列を組む。そのため、先導する車両の後ろを走る車両が受ける空気抵抗が弱まり、その結果、燃料消費量の最大20%削減が可能だ。

マルチブランド・プラトーニング・コンボイ(車両隊列)

 ネットワークで接続された車両は、人間よりも作動時間が短いため車間距離を短くできる。隊列走行中のトラックは、ほぼリアルタイムで、先導車両の動きに合わせてブレーキングやステアリング操作を行うように設計されている。しかしながら、盲目的に追従走行するわけではない。
センサーから得られる情報と自動運転機能により、先導車両が意図せず車線を超えてしまった場合でも、後続車両は正しい車線にとどまることができる。

 ZFは、いくつかのプロジェクトにおいてプラトーニングの実現可能性をテストしてきた。EUによるENSEMBLEプロジェクトの一環として、同社はマルチブランド・プラトーニングの実現に必須の基準を策定した。マルチブランドとは、異なるメーカーのトラックにより構成されたコンボイ(隊列)を指している。実際の場面では、このような異なるメーカーで構成されるコンボイが一番多いケースになると思われる。ドイツ経済省が出資する別のプロジェクト、aFAS において、ZF は、移動する道路工事プロジェクトの一部である警備車両において、プラトーニング構想の実現に取り組んできた。本プロジェクトは先日、2019年「国際トラック・オブ・ザ・イヤー」賞の一部である「トラック・イノベーション・アワード」を初めて受賞した。ZF は現在、ヨーロッパでプラトーニングの試験中で、数年以内に、北米でもプラトーニングコンセプトを広める計画だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します