現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フィアット「500」シリーズを一部改良、最新システム採用でインフォテインメント機能を強化

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.6

フィアット「500」シリーズを一部改良、最新システム採用でインフォテインメント機能を強化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンは、「Fiat 500(フィアット・チンクエチェント)」シリーズに標準装備の車載インフォテインメントシステム「Uconnect(ユーコネクト)」を最新モデルに切り替え、2018年9月15日より全国のフィアット正規ディーラーにて発売する。


今回の改良で、フィアット500シリーズ全車に搭載されるUconnectは、Apple CarPlay、Android Autoのいずれにも対応する最新型へと生まれ変わる。
この新世代Uconnectでは、スマートフォンとの連携が強化され、スマートフォン内のアプリケーションやコンテンツをUconnectディスプレイ内で確認及び操作することが可能だ。地図アプリを利用して簡易的なナビゲーションを利用したり、お気に入りの音楽アプリをそのまま車内で聞いたり、ハンズフリー通話といった機能を日頃から使い慣れているスマートフォンを接続するだけで、いつもと同様のインターフェイスで扱うことができるようになる。また、スクリーンサイズも5インチから7インチへ大型化したことで、視認性や操作性も向上している。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 

【車両概要】

●Fiat 500/500C 1.2 Pop
 (フィアット・チンクエチェント/チンクエチェントシー・1.2ポップ)

・主な仕様
 エンジン:直列4気筒SOHC8バルブ(可変バルブタイミング付)
 排気量:1,240cc
 燃費(JC08モード):19.4km/l
 最高出力:51kW(69ps)/5,500rpm[EEC]
 最大トルク:102Nm(10.4kgm)/3,000rpm[EEC]
・メーカー希望小売価格
 500 1.2 Pop:1,998,000円(税込)
 500C 1.2 Pop:2,600,000円(税込)
 
●Fiat 500 TwinAir Pop、500/500C TwinAir Lounge
(フィアット・チンクエチェント・ツインエアポップ、チンクエチェント/チンクエチェントシー・ツインエアラウンジ)

・主な仕様
 エンジン:直列2気筒8バルブマルチエアインタークーラー付ターボ
 排気量:875cc
 燃費(JC08モード):24.0km/l
 最高出力:63kW(85ps)/5,500rpm[EEC]
 最大トルク:145Nm(14.8kgm)/1,900rpm[EEC]
・メーカー希望小売価格
 500 TwinAir Pop:2,350,000円(税込)
 500 TwinAir Lounge:2,670,000円(税込)
 500C TwinAir Lounge:2,870,000円(税込)

FIAT 500(チンクエチェント)(FIAT)
FIAT 500C(チンクエチェント シー)(FIAT)

フィアット 500 関連情報
フィアット 500C 関連情報
フィアット 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します