現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 セレナの福祉車両が安全性を向上

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.6

日産 セレナの福祉車両が安全性を向上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日産は、同社のミニバン「セレナ」を一部改良し、2018年9月6日に販売をスタート。併せて福祉車両各車も、ベース車と同様の改良が実施された。

 今回の改良では、e-POWERを除くグレード(S-HYBRID車とガソリン車)の安全装備の充実化が中心。具体的には、e-POWERに標準設定される「ハイビームアシスト」が与えられたほか、最高速度標識検知および一時停止標識検知機能を追加し、標識検知機能が高められた。さらに、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違い防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、e-POWERと同様に、前方の歩行者検知が可能となった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

●価格帯(今回改良対象となった福祉車両のみ)
ステップタイプ:287万7120円~321万840円
助手席スライドアップシート:266万1000円~316万4000円
セカンドスライドアップシート:296万7000円~336万8000円
チェアキャブスロープタイプ:290万9000円~328万7000円
チェアキャブリフタータイプ:295万4000円~325万3000円
送迎タイプ:267万4080円~305万1000円
※ステップタイプ、送迎タイプを除くモデルは消費税非課税。

日産 セレナの福祉車両が安全性を向上はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します