現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ 新型「カローラ・ツーリングスポーツ」世界初公開! スタイリッシュで実用的なスポーツワゴンで登場

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.6

トヨタ 新型「カローラ・ツーリングスポーツ」世界初公開! スタイリッシュで実用的なスポーツワゴンで登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■シャープなデザインで実用性も備えた「カローラ・ツーリングスポーツ」

 トヨタの欧州現地法人「トヨタモーター・ヨーロッパ」は10月4日から14日に行なわれる「パリモーターショー2018」において、カローラスポーツのワゴンモデルである「カローラ・ツーリングスポーツ」を公開することを9月4日(現地時間)に発表しました。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 欧州主導で開発されたというこのモデルでは、116PSの1.2リッターターボ、122PSの1.8リッターNA、180PSの2リッター・ハイブリッドの3種類のパワートレインを設定。

「TNGA」(Toyota New Global Architecture)のGA-Cプラットフォームを採用し、エンジン搭載位置やヒップポイントを低くすることで敏捷性も向上しているとのことです。

 エクステリアは既存のハッチバックの変形ではなく、ヨーロッパで新たにスタイリングされたもので、シャープなイメージを与えるルーフラインが特徴です。また、それにともないホイールベースもカローラスポーツより60mm長い2700mmとしています。

 足回りは延長されたボディでも快適な走行を実現するために、フロントには実績のあるマクファーソンストラット式、リアには新開発のマルチリンク式を採用した上で、新しいショックアブソーバーバルブ技術「アダプティブバリアブルサスペンション」(AVS)を採用。

 ハイグレードモデルには、世界初の『3-Dドライバーメーター』、『プレミアムヘッドアップディスプレイ』や『JBLプレミアムサウンドシステム』、ワイヤレス携帯電話の充電機器なども備わっているといいます。

 また、既存のカローラスポーツに比べて246リットル広い598リットルのラゲッジスペースも確保され、ユーティリティも向上させています。

「カローラ・ツーリングスポーツ」発売の詳細はまだ発表されていませんが、日本市場への導入が気になるところです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します