現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 40~50年前の激レアな旧車は普通のクルマとして普段使いできるのか?

ここから本文です
業界ニュース 2018.8.29

40~50年前の激レアな旧車は普通のクルマとして普段使いできるのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発売当初は普通のクルマとして使われていたのだから可能だが……

 乗ることで消耗していくのがもったいないとか、事故のリスクが高まるというのは別にして、旧車というのは普段から普通に乗れるものだろうか? 結論から先にいうと、基本的には問題ないと言える。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 個人的なことながら、うちには1970年式のフィアット500がある。世界的な名車だし、立派な旧車だ。一時はこれ一台だったし、通勤にも使っていたほどで、とくに大きなトラブルに遭ったことはない。ただ、クーラーが付いていないため真夏は地獄になるので、この点では普段使いは無理と言えるが……。

 ハコスカやケンメリ、セリカにブルーバード。少し新しいとハチロク(AE86)など、旧車を普通に使えるのか? と心配するのは故障を考えてのことだろう。

 古いクルマ=壊れやすいというのはわかる。しかし、1950年代ぐらいのよほどの大古車でない限りは問題なし。1960年代から1970年代はかなり技術的にも成熟してきたし、そもそも当時の人たちは自家用車として使っていたのだから、それが今になって使えなくなるということはありえない。

 でも、うちのはダメだろうな、という声を耳にすることはある。それは結局、メンテがされていないから。外見がきれいでも中身はあまり手が入れられていないクルマは結構いるが、旧車のメンテともなると、レストア的なものも含めてかなり広範囲になるし、手間も時間もかかる。つまり40年分の問題を初期化しているかどうかが問題なのだ。

 この部分をおろそかにした車両は、今普通に乗ると調子がよくなくて不安ということになるし、「旧車ってこんなものだろう」という思い込みもあるから、妙に納得してしまう。いろいろと旧車を取材したが、一度全部しっかりと手を加えてあれば、壊れることはほぼない。何度も言うが、現役当時は普通に走っていたのだ。

 ただし、消耗パーツすらも供給されないようなモデルで、流用も効かない場合は初期化ができないので、だましだまし乗るしかないのは事実。1960年代で名車と呼ばれている、人気が高いクルマは走る、止まる、曲がるための部品は供給されているので問題ない場合が多いが、マイナー車は厳しい。この点については維持するのが精一杯というのは仕方がないだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bam*****|2018/08/29 08:05

    違反報告

    この猛暑に冷却系が耐えられるのかな。かつて乗ってたMG-Bはオーバーヒート連発して、ファンの増設を余儀なくされたが、時代の変化に追従する改良も必要かなと思います。
  • tcs*****|2018/08/29 08:10

    違反報告

    新しかろうが古かろうが所詮機械だから手は入れないと壊れるよね。古い車は今の技術の物を入れれば普通に乗ることは出来る。お金はかかるけどね。
  • nao*****|2018/08/29 07:58

    違反報告

    普通に消耗部品を交換していけば現役車と何も変わらない。

    ECUやインジェクタを最新の物に交換すれば燃費すら「並」になる。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します