現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ピンククラウン」で話題となった14代目「クラウン」がド派手な理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.26

「ピンククラウン」で話題となった14代目「クラウン」がド派手な理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■変化する顧客の嗜好

 14代目「クラウン」は、フロントマスクに“王冠”グリルをまとったデザインが特徴的なモデルです。2012年12月25日に発表され、会場には同年に完成した「渋谷ヒカリエ 大ホール」が使用されました。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 発表会に登場した14代目「クラウン」は、見た人を驚かすほどの鮮やかなピンク色かつ「クラウン」の名の通り“王冠”を模したグリルをまとった挑戦的なデザインが目を引きました。

 外見上では、あまり変化が見られなかった先代モデルに対して、14代目「クラウン」は見る人を驚かせるほどの明らかな変わりようだったのです。発表時のキャッチコピーは、『CROWN Re BORN』。まさに生まれ変わった13代目ですが、その背景には「クラウン」の置かれた環境の変化がありました。

 国産高級乗用車として生まれ、時代の変化に合わせて度重なるモデルチェンジを行ってきた「クラウン」は、2010年代に入って輸入車勢の台頭という流れの中に巻き込まれることになりました。

 これまでも、日本には輸入車が多くありましたが、顧客の嗜好的にも金額的にもそれほど競合することはありませんでした。しかし、2010年以降の欧米自動車メーカーは、過去のイメージにとらわれないスタイリッシュなコンパクトカーや流麗なデザインのセダンやSUVを、手の届きやすい価格で提供しはじめました。「クラウン」を手に入れる予算で選べる選択肢が増えたのです。

 また、ボディスタイルに対する嗜好も時代に合わせて変化しています。これまで高級車と言えばセダンでしたが、居住性の高いミニバンやSUVスタイルが人気となり、トヨタでは大型ミニバンの「アルファード」や「ヴェルファイア」といったモデルの売れ行きが好調になりました。

 消費者からすれば選択肢が増えたと言えます。しかし、「クラウン」から見ればさまざまなライバルの中から選んでもらわなければならなくなりました。そうした危機感が、“王冠”グリルをまとったピンクのクラウンを生んだのです。

■挑戦的な機能が盛りだくさん

 14代目「クラウン」の特徴は、やはりその大胆なエクステリアデザインをはじめとする見た目の変化です。「ロイヤル」シリーズと「マジェスタ」のコンフォートモデルには、フロントバンパーまで回り込んだ大型の“王冠”グリルが与えられ、「アスリート」シリーズには稲妻のように切れ込んだスタイルの“王冠”グリルが採用されています。

 インテリアにも見た目に明らかな変化があります。センターコンソール上に「トヨタマルチオペレーションタッチ」と呼ばれる大型のタッチパネルが搭載され、エアコンなどさまざまな操作が可能となっています。

 ボディカラーも発表会で登場した「ピンクのクラウン」はおよそ1年の実用化試験を経て限定モデルとして登場。その後「空色」と「若草色」の2色が特別仕様車として追加されています。

 もちろん、中身も大幅な進化を遂げています。14代目「クラウン」の大きな特徴の1つとして、「クラウン ハイブリッド」の消滅があります。これは、ハイブリッドモデル自体が無くなったのではなく、「アスリート」と「ロイヤル」シリーズに編入されたのです。つまり、ハイブリッドモデルは特別なモデルではなく、「クラウン」の中のスタンダードになりつつあることを意味しています。

 14代目「クラウン」では、カタログ燃費が23.2km/Lと大幅向上しただけでなく、販売価格も大幅に見直され、先代のハイブリッドモデルよりも100万円ほど安い価格で販売されるようになりました。

 さらに、いわゆる「自動ブレーキ」と呼ばれる新型の「プリクラッシュセーフティシステム」や「アダプティブハイビームシステム」など最新のインテリジェント機能も備わっています。

■大胆なエクステリアを可能にした、クラウンの強み

 大胆なエクステリアデザインは、賛否両論がありました。特に、先代では保守的なデザインを求める層への『心の拠り所』となっていたことから、あまりに挑戦的なデザインを受け入れられないユーザーもいました。

 しかし、このデザインについては、当時ある自動車メディアの編集者が次のようなことを語っていました。

「企業や官公庁など、さらにはパトカーなどといった公用車の需要が一定数ある『クラウン』は、たとえどんなデザインになろうとも、そのネームバリューだけである程度の販売が見込めます。それは、街中で目にする機会が多くなるということであり、必然的にどんなデザインでも『ふつう』に見えてきます。「クラウン」というだけで一定数が売れる、それを見越してデザインしなければならないのがクラウン特有の点です」

 実際に、14代目「クラウン」の登場から約6年が経過した現在では、街中には多くの“王冠”グリルがあふれています。多くの人の目に慣れ、受け容れられた結果です。

 14代目「クラウン」の大胆なエクステリアデザインは、約60年間にわたって築き上げられてきた「クラウン」というネームバリューが可能にしたといえます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 瓜生洋明)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します