現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 同じ車でも種類が違う!? 意外と知らない純正タイヤ事情

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.18

同じ車でも種類が違う!? 意外と知らない純正タイヤ事情

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんは車を買った時、どんなタイヤが付いているか意識したことはあるだろうか。実は、新車に組み込まれているタイヤは「OE(新車装着用)タイヤ」と呼ばれ、ほとんどの場合カー用品店などで一般ユーザーが買えるモノとは“別物”。しかも、「同じ車種の新車に、必ず同じメーカー・ブランドのタイヤが付けられる」というケースは、かなり少数派なのだ。そんなちょっと特殊な純正タイヤは、一般向けのタイヤとどう違うのか? 後で買うことは可能なのか? 

文:斎藤聡/写真:編集部

    最長1年2カ月待ちって本当!? 売れに売れている新型ジムニーの納期情報

多くの車種は複数の種類あり! 純正タイヤに性能差はある?

ロードスターの純正タイヤには「OE」の2文字が刻印されており、リプレイス用のADVAN SPORT V105と全く同一仕様ではないことを伺わせるわかりやすい例だ

 純正装着タイヤは、たいてい複数のタイヤメーカーが用意されています。これはあるメーカーが事故や災害などでタイヤが作れなくなったときにタイヤの供給が止まらないようにという意味があります。

 また、海外に輸出する車の場合は、仕向け地でタイヤが調達できるメーカーが採用されるということです。

 複数のメーカーがタイヤを供給していて性能差はないのか? という疑問ですが、自動車メーカーはかなり細かく性能をオーダーしていますから、メーカーの求める性能はクリアしています。

 例えば、プリウス(A、Aプレミアム)の場合、純正タイヤはブリヂストン「エコピア」、ダンロップ「エナセーブ」、トーヨータイヤ「ナノエナジー」の3種類ですが、その性能差はほとんど感じられませんでした。

 このように、国産車に限って言えば、複数ブランドの純正タイヤが装着される車種でも、メーカー・ブランドによる性能差はほぼなく、気にする必要はありません。

 また、タイヤ開発時も基準となるタイヤはありますが、クルマに合わせてチューニングが施されて行くようです。

 欧州では認証タイヤ制度を採用しているメーカーも多くあります。

 メルセデスベンツは「MO」、BMWは「★」、ポルシェは「N」、アウディは「AO」と「RO(RSモデル用)」といった具合です。

 ミシュラン、コンチネンタル、ピレリなど欧州タイヤメーカーは、自動車メーカーと共同で新型タイヤを開発するので、リプレイス(※タイヤショップやカー用品店で買えるタイヤ)とOEでタイヤの中身は異なるのが普通です。これは国産タイヤメーカーが欧州自動車メーカーにOE供給するときも同じです。

同じ名前でも純正タイヤの“仕様”は多種多用!?

先代のシビックタイプRは、コンチネンタルタイヤのスポーツコンタクト6を純正装着。同銘柄は一般向けにも販売されているが、シビックの装着タイヤは専用設計だった

 日本車でもシビック・タイプR(2015年モデル)は、ニュルブルクリンクFF車最速を実現するため、コンチネンタルタイヤと共同で装着タイヤを開発しています。

 また、ピレリはP-ZEROの発表会の時点で70車超のOEが決まっていました。コンパウンド、ケース、ビードワイヤーなど何種類も用意して、各メーカーの様々な車種に対応してタイヤを作っているということでした。

 欧州ではタイヤメーカーは、新型タイヤを新型車の開発と合わせて、新しいタイヤを作ります。だから同じ名前のタイヤでも中身(チューニング)は別というのが普通です。

 国産メーカーはOE専用トレッドパターンがあり、あるいは新たに開発し、リプレイスとは分けて作られていることが多いようです。当然同じ名前のOE用タイヤでも各車種に合わせてチューニングが異なります。

 輸入車のように認証マークはありませんが、専用にチューニングされ型番で区別されているようです。

純正タイヤは買えるのか?

 純正タイヤに履き替えたい場合は、ディーラーから買うことになると思います。

 ただ、国内ではエコタイヤも高性能タイヤもリプレイス用タイヤが充実しているので、よほど高性能車でない限りはOEタイヤにこだわる必要はないと思います。

 PEタイヤは、納入価格が安い(らしい)ので、ふんだんに最新の材料を配合して作るわけにはいかず、メーカーの要求性能を満たすのにとどまっています。

 購入する場合、特別安くはないので、こだわりのある人以外は純正タイヤを選ぶ理由は見つかりません。

必ず同じ銘柄の純正タイヤが付く国産車は?

ホンダ S660に純正装着されるアドバン ネオバは、ヨコハマとホンダが共同開発し、同車向けに専用設計されたものだ

 例外的に、WRX STIのポテンザRE070や、ホンダS660、スズキ・アルトワークスのヨコハマ アドバン ネオバなど、専用チューンが施され1社だけが指定されている車もないわけではありません。

 ネオバは重量に合わせたチューニングも施されているようなので、OEを選ぶ理由があります。

 指定タイヤを採用する輸入車の場合は、保証の問題も絡んでくるので、指定タイヤ以外を軽はずみにお薦めできませんが、国産車のほとんどはそういう縛りがありません。

 リプレイスタイヤが豊富にありますから、性能的に特殊なチューニングが施されているタイヤ以外は、OE(=新車装着用)タイヤにこだわる必要はないと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • alf*****|2018/07/18 17:34

    違反報告

    15年くらい前、カローラクラスのOEタイヤ納入価格は「数百円」だったそうな。
    流石に今はそんなに安くないそうだが、それでもリプレースタイヤの販売価格がボッタクリに思えるくらいの価格。
    そりゃー興味ない人はアジアンタイヤに流れるわなと納得した。
  • cin*****|2018/07/18 18:39

    違反報告

    意外と知らない?
    知ったところでどうもない。
    べつに〜でしょ。
  • ino*****|2018/07/18 19:02

    違反報告

    シビックはスポーツコンタクト6以外はいたら事故る車だと思います。あとは、アジアンタイヤは絶対はいてはいけないと実際に乗って感じたよ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します