現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友商事:CO2フリー水素製造に関する戦略的パートナーシップ協定締結について

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.17

住友商事:CO2フリー水素製造に関する戦略的パートナーシップ協定締結について

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友商事とITM Power plcは、CO2フリー水素製造に関するプロジェクト開発について、戦略的パートナーシップ協定を締結した。

 水素は、エネルギー貯蔵・運搬、エネルギー効率の高さや利用段階で温室効果ガスの排出がないことから、将来の二次エネルギーにおける中心的な役割を担うことが期待されている。二次エネルギーとは、一次エネルギーを発電、精製、加熱分解などにより加工し、変換して得られたエネルギーのことを指し、現状では電力、ガス、各種石油製品などがあてはまる。

    ZF:Car eWallet事業を行う新会社を設立

 水素は多様なエネルギー源から製造することが可能であり、再生可能エネルギー等と組み合わせることにより、CO2フリーのエネルギーとなる。また、水素は大量に長期保管できるため、未電化地域や系統容量が小さいエリアにおいても再生可能エネルギーによる発電を促進することが可能となる。

 住友商事とITM社は、ITM社製のメガワット級大型電解装置によって製造されるCO2フリーの水素が、電気・熱・輸送燃料・工業用途の水素に置換わることで、脱炭素社会に貢献し、地球環境の改善に寄与することを共同のビジョンとして掲げている。
 本協定に基づき、ITM社はメガワット級大型電解装置を住友商事に供給し、住友商事は日本における潜在的な需要を開拓し、独占的に電解装置の販売および事業化に繋げていく。

 今後、ITM社の技術と住友商事の事業ネットワークを活かし、顧客に対して共同で最適な価値提供を行い、大型の電解装置によるCO2フリー水素製造および普及を戦略的に推進する。また、ITM社と住友商事は、日本以外の地域においても、協力して電解装置ビジネスを展開する。

 ITM社のPEM型電解装置は、イオン交換膜を利用する固体高分子型水電解(Proton Exchange Membrane)による水素製造技術を核に、太陽光発電や風力発電といった不安定な電気への追従性が非常に高く、高効率かつ高純度な水素製造を可能とした。またマルチメガワットの電力変換が可能であり、20フィートコンテナに収納しているため可搬性に優れ、設置コストも安価になることから、その高い製品性能と価格競争力に定評がある。これまで欧米で合計14MW(2018年度で8MW)を超える納入実績がある。

■装置概要
装置名:HGAS
仕様 :1.水素製造能力 45-40,000kg/day(下記「特徴」の1.を参照)
  2.純度99.5-99.999%
形状 :2×20フィートコンテナ
特徴 :1.大型電解(10MWを製作中。 100MW級のシステムを設計中)
    2.太陽光や風力発電への高い追随性
    3.コンパクト(完全一体型コンテナ)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します