現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SBドライブとバイドゥ、自動運転バスの活用に向けた協業で合意

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.6

SBドライブとバイドゥ、自動運転バスの活用に向けた協業で合意

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社(本社:東京都港区、以下「SBドライブ」)と中国検索エンジンの最大手・百度(Baidu, Inc.)の日本法人であるバイドゥ株式会社(本社:東京都港区、以下「バイドゥ」)は2018年7月4日、百度が提供する自動運転システムのプラットフォーム「Apollo(アポロ)」を搭載した自動運転バス「Apolong(アポロン)」の日本での活用に向けて協業することに合意したことを発表した。

SBドライブは、自動運転技術を活用したスマートモビリティーサービスの事業化を目指しており、遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を開発中だ。一方、バイドゥは、百度によるAI(人工知能)の研究成果である自動運転技術を蓄積しており、オープンソースの自動運転プラットフォーム「Apollo」は、世界中で様々な企業がパートナー参加している。
今後、両社はSBドライブの遠隔運行管理システム「Dispatcher」と、百度の自動運転プラットフォーム「Apollo」を連携させ、日本の公道における自動運転バスの実用化を目指す。
また両社は「Apolong」を開発・製造するバス車両メーカー・厦門金龍聨合汽車工業有限公司(以下「金龍客車」)と協業し、「Apolong」を日本で活用するための仕様変更などを進め、2019年初期までに実証実験用車両を含めて10台の「Apolong」を日本に持ち込む予定で、また、2018年度中に日本で実証実験を開始するとしている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

SBドライブ株式会社 公式サイト
バイドゥ株式会社

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します