現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 独ダイムラー、南ア工場に 6 億ユーロ投資

ここから本文です
業界ニュース 2018.7.6

独ダイムラー、南ア工場に 6 億ユーロ投資

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独自動車大手のダイムラーは26日、南アフリカのイースト・ロンドン工場の拡張・近代化工事に6億ユーロを投資すると発表した。メルセデスベンツの次世代「Cクラス」も同工場で生産するためで、新しい塗装ライン(ペイントショップ)や車体生産棟(ボディショップ)、組立ライン(アセンブリ―ショップ)、物流施設などを増設する。

今回の拡張工事により、面積は約10万平方メートル拡大し、乗用車の生産面積は従来に比べ約3分の2増える。新しいボディショップには生産のデジタル化(インダストリー4.0)に対応したロボット500台以上を導入する。また、既存の生産棟を拡張し、組立ラインを新たに3ライン追加する。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

イースト・ロンドン工場は1958年にメルセデスベンツの乗用車の生産を開始しており、今年は60周年の節目となる。1962年には、メルセデスベンツのトラックの生産も開始した。現在は、メルセデスベンツのトラックとバスに加え、ふそう(FUSO)ブランドのトラックも生産している。従業員数は3,300人超で、大部分が乗用車の生産に従事している。

乗用車の生産能力を年300万台に拡大

ダイムラーの乗用車部門メルセデスベンツ・カーズの生産・サプライチェーン管理を担当するマークス・シェーファー取締役は今年3月、独業界紙『オートモビルボッヘ』に対し、「世界的な生産ネットワークにおける当社の工場では、稼働率が高い水準に達している。このため我々は市場の近くで生産能力を拡大しており、年300万台の方向で進んでいる」、と明らかにした。

メルセデスベンツ・カーズは、2017年にメルセデスベンツと超小型車ブランドのスマートを合わせて240万台超を生産した。乗用車の生産台数で過去最高を7年連続で更新している。

メルセデスベンツ・カーズの2017年の販売は前年比8.8%増の242万4,369台だった。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL CL編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します