現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダワークスの逆襲 鈴鹿8耐でヤマハの4連覇を阻止できるのか?

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.30

ホンダワークスの逆襲 鈴鹿8耐でヤマハの4連覇を阻止できるのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ストップヤマハは、ホンダ勢なのか?

 ホンダは、鈴鹿サーキットにて、7月29日(日)に決勝レースが行われる「2017-2018 FIM世界耐久選手権シリーズ(以下:EWC)最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」に参戦する主なホンダチームの体制を決定しました。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 2018年シーズンより10年ぶりにMFJ全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦している「Team HRC」は、鈴鹿8耐で新たなパートナーRed Bullを迎え「Red Bull Honda with 日本郵便」として参戦します。

 マシンはCBR1000RR SP2をベースとしたワークスマシン「CBR1000RRW」を投入し、ライダーには高橋巧選手に加え、FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中の中上貴晶選手、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズに参戦中のレオン・キャミア選手が起用されます。

 昨シーズンよりEWCにフル参戦し、2017-2018シーズン第2戦のル・マン24時間耐久レース、第4戦で優勝し、現在ランキング1位の「F.C.C. TSR Honda France」は、EWCレギュラーライダーのフレディ・フォレイ選手、ジョシュ・フック選手、アラン・テシェ選手の3名体制で参戦。EWCにおいて日本の耐久チームとしては史上初となる、年間チャンピオン獲得を目指しています。

 昨年9年ぶりに鈴鹿8耐に参戦したMORIWAKI RACINGは、「KYB MORIWAKI MOTUL RACING」として、ライダーに昨年同様、高橋裕紀選手、清成龍―選手、ダン・リンフット選手の3名を起用し参戦します。

■主な参戦チームのライダーコメント

●Red Bull Honda with 日本郵便 ゼッケン33

・高橋 巧選手(JRR JSB1000 Team HRC)「今年念願のワークスチームが鈴鹿8耐に復活し、そのワークスチームから参戦できることを、大変うれしく思っています。全日本ロード前半戦の経験を活かしながら8耐に向け上手くマシンの熟成を進められてきていると思います。ここ数年8耐の成績は、優勝から離れています。ワークスチームが復活した以上は勝たなければならないので、王者奪還を目指して頑張ります」

・中上 貴晶選手(MotoGP MotoGPクラスにLCR Honda IDEMITSU)「10年ぶりに復活したHondaワークスで鈴鹿8耐に参戦できることをライダーとして、またHondaファミリーの一員としてうれしく思っています。優勝できる体制であり、マシンのポテンシャルも感じられましたが、それ以上にチームスタッフの優勝へのこだわりが伝わってきました。鈴鹿8耐優勝の奪還は全てのHondaの皆さんが望んでいることだと改めて感じています。昨年は残念ながら4位という結果に終わってしまいましたが、ワークスで参戦する以上は3人で力を合わせ、優勝を目指します」

・レオン・キャミア選手(WSBにRed Bull Honda World Superbike Team)「鈴鹿8耐にHondaワークスチームから参戦できることをとても楽しみにしてます。8耐に向けテストを重ね万全の状態で鈴鹿8耐に臨みたいと思っています。チームメートの高橋巧選手は8耐で3回の優勝経験があり、中上選手はMotoGPにフル参戦している優れたライダーだと聞いています。8耐で優勝するためには3人の総合力が必要ですが、私はこのプロジェクトは必ず成功するものと信じています」

●F.C.C. TSR Honda France ゼッケン5

・フレディ・フォレイ選手「鈴鹿8耐で日本のチームと一緒に戦うのは初めてなので、とても楽しみにしています。この後もテストを繰り返し、マシンもレースのために全てのものを十分に準備していきます。私たちはとても自信がありますが、レースは何が起こるか分かりません。慎重にならなければならないと思っています。EWCのチャンピオンシップにおいて10ポイントのアドバンテージを持ってますが、鈴鹿8耐で良いレースをする最良の方法は、自分たちのパフォーマンスを信じて、レースに集中して臨むことです」

・ジョシュ・フック選手「今は鈴鹿8耐が楽しみで仕方がありません。3人のライダーがもっと乗りやすく適応できる状態をつくり、ミスを少なくしていくことが大事です。マシンがこの鈴鹿でとても良いパフォーマンスを見せてくれると信じていますし、チーム全員がしっかりレースに取り組む必要があります。マシンもチームやチームメートのライダーたちも一丸となってレースに臨みたいと思います。ここ鈴鹿はHondaやTSRのホームコースで多くの成功をおさめてきていますので、チャンピオンを決める自信はあります」

・アラン・テシェ選手「鈴鹿8耐は自分にとっても大切なレースです。去年は(クラッシュで)レースができませんでしたが、今年は違います。F.C.C. TSR Honda Franceでレースをできることが、とてもうれしいです。もう少しマシンを良くすることに集中しなければならないのですが、鈴鹿では自信がありますし、ホームコースだからポテンシャルは高いと確信しています。もちろんチームメートも信頼していますし、とても良い雰囲気です。とにかく今はレースが待ち遠しくて、早く始まってくれないかと思っています。そしてレース後にはタイトルを手にしたいです」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ret*****|2018/06/30 18:57

    違反報告

    ストップヤマハは、カワサキでしょ!
    HRCは、TSRにも負けるんじゃない。
  • nob*****|2018/06/30 21:12

    違反報告

    ライダーのラインナップで最も強力なのが全日本で敵無しの中須賀選手、SBKで波に乗るロウズ、VDMのヤマハファクトリーだと思います。
    彼らに敵うのはこれまた全日本で波に乗る渡辺一馬選手、BSBポイントリーダーのハスラム選手、SBK3連覇のレイ選手が組むチームグリーンぐらいかも知れませんね。
    HRCはマルケスやペドロサぐらい呼ばないと厳しい気がします。
  • sty*****|2018/06/30 19:06

    違反報告

    HRCじゃヤマハファクトリーには歯が立たない気が

    転倒などのトラブルがない限り勝てそうにない

    カワサキもレイだけじゃ厳しい

    今年もヤマハが最有力になると思う

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します