現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランドローバー初のPHEVモデルを「レンジローバー」「レンジローバー・スポーツ」に導入

ここから本文です
業界ニュース 2018.6.27

ランドローバー初のPHEVモデルを「レンジローバー」「レンジローバー・スポーツ」に導入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは「RANGE ROVER(レンジローバー)」と「RANGE ROVER SPORT(レンジローバー・スポーツ)」のラインアップにプラグイン・ハイブリッド(PHEV)モデルを追加し、2018年6月27日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて予約受注を開始する。


今回、ランドローバーに初めて導入するPHEVシステムは、INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力212kW/300ps)と高出力のモーター(最高出力85kW/116ps)を併用するパラレル・ハイブリッドとなっている。INGENIUMエンジンとモーターの両方を合わせた最高出力は297kW/404ps、最大トルクは640Nmを発揮し、0-100km/h加速は「RANGE ROVER」で6.8秒、「RANGE ROVER SPORT」で6.7秒を記録し、最高速度はそれぞれ220km/hに達するとのこと。燃費面ではNEDC(New European Driving Cycle:新欧州ドライビング・サイクル)における数値が両モデルともに2.8L/100km、CO2の排出量は64g/kmに低減している。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

両車ともに走行モードは、状況に合わせてパラレル・ハイブリッド・モードとEVモードからの選択ができるようになっている。パラレル・ハイブリッド・モードにはバッテリーの充電レベルが設定値以下にならないように走行する「セーブ機能」、ナビゲーション・システムに目的地に入れルートを設定すると、目的地までの高低差のデータを活用しモーターとガソリン・エンジンを最適に切り替えて、エネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測(PEO: Predictive Energy Optimization)機能」が備わっている。また、モーターのみで走行し、ゼロ・エミッションを実現するEVモードでは、ラインアップのなかでも最高レベルの静粛性を確保していて、航続距離は最長51km(フル充電された状態での走行)となっている。

さらに、車両が充電中であれば、エアコン使用時の電力をケーブルから供給することで、車両側のバッテリーを消費することなく車内の冷暖房機能を起動できるため、車内に乗り込む前に快適な空間を準備しておくことが可能。200Vの普通充電に対応していて、充電ポイントはフロントグリルに配置されている。さらに、標準装備のスマートフォン向けアプリ「リモート」を活用することで、車両の充電状況を確認したり、充電するタイミングを調整したりすることも可能となっている。

ランドローバー ウェブサイト

ランドローバー レンジローバー 関連情報
ランドローバー レンジローバースポーツ 関連情報
ランドローバー 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します