現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 海外からの中古車は20万キロでも「新車」扱い、でも国産車は13年経過で環境負荷大きい?

ここから本文です
業界ニュース 2018.5.15

海外からの中古車は20万キロでも「新車」扱い、でも国産車は13年経過で環境負荷大きい?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■自動車税が高くなった! 車齢13年を過ぎると重課対象

 今年も自動車税の季節がやってきました。5月になって自動車税の納付書を受け取られた皆さんの中には、「えっ、自動車税が高くなってる?」と驚いた方もいらっしゃるかもしれません。それはあなたのクルマが新車で買って丸13年以上が経過したことを意味します。2リッターのガソリン車の場合、3万円台から、一気に4万円台半ばを超えてしまうのですから驚きです。

    「ツインターボ」を聞かなくなったワケ 時代と共に変化する「ターボ」技術

 筆者(加藤久美子)の家にも、2台分の車の自動車税納付書がポストに入っていました。1台は1998年(平成10年初度登録)、もう1台も1999年(平成11年初度登録)で、いずれも「重課」対象です。

 エンジンの排気量は両車とも2000?ガソリン車(自家用)なので、自動車税は通常の3万9500円から15%アップの4万5400円です。(※税額はすべて神奈川県の例。地方税法の改正により、平成27年度から、重課の割合がおおむね10%→おおむね15%に引き上げられています。)

 ちなみに、軽自動車は少し異なり、最初の新規検査(軽自動車は「初度登録」とは言いません)から13年を経過した軽四輪車等について、平成28年度分から概ね20%税率が上乗せされる「経年車重課」が導入されています。

■ちょっと古いクルマの税金が高くなる理由はなぜでしょうか

 新車から丸13年以上が経過すると、なぜ自動車税が高くなるのでしょうか。それは簡単にいうと、国が古いクルマは「環境負荷が大きくなるから」と判断しているからです。もっと簡単にいうと、古いクルマに乗ることへのペナルティのようなものです。ハイブリッド車などの低公害車は車齢13年を過ぎても重課対象とはなりません。

 そもそも、環境負荷が大きいクルマとは、どういうクルマなのでしょうか。新車から13年経過すると途端に排ガスが汚れて環境に重大な悪影響を及ぼすのでしょうか。

 この件について、神奈川県が設置している自動車税コールセンターに聞いてみました。

――― グリーン化税制(重課)についてお尋ねします。なぜ、13年経過した車は15%も値上がりするのでしょうか。

 クルマが古くなると、環境への負荷が大きくなるとされることから、15%の重課税という形になっています。

―――初度登録から13年経過すると、一律に燃費が悪くなったりすべてのクルマの排ガスが汚くなったりするということでしょうか。

 そうですね。国が決めた制度ですので、個々の車のエンジンの状態や走行距離など関係なく、一律に13年経過で環境負荷が大きいと判断されます。

―――初度登録から13年以上経過ということですが、海外から並行輸入で入ってきた中古車を購入し、日本で登録した場合はどうなりますか?

 海外から並行輸入等で中古車(日本車、外国車に関わらず)を入れて、それを日本で登録(ナンバーを付ける)する場合、年式など関係なくすべて、車検証状は「新車」という扱いになります。車検証に書かれている「初度登録日」がすべての基本となります。

 ※ ※ ※

 驚くことに、中古並行輸入車はどんなに古くても、登録時は新車として扱われます。すべての基本は「車検証に書かれている初度登録日」が基本となるようです。

 例えば2000年型の「シボレー・カマロ」を2017年に日本でナンバーを付ければ、初度登録は2017年となり、たとえすでに20万キロ走っていて、凄く燃費が悪くても、重課対象になるのは現在のところ2030年の自動車税から、ということになります。

■車齢20年を迎えるマイカー、燃費は新車当時とほとんど変わらず

 古くなると燃費が悪くなるのでしょうか。筆者のマイカーたちは、少なくともそんなことはありません。今年で車齢20年を迎える1台「アルファロメオスパイダー」(5MT 手動オープン)ですが、新車時も現在も燃費は街中走行で9km/L、高速走行で12km/Lくらいです。

 実は古いクルマの税金が高くなるのは自動車税だけではありません。諸費用として車検業者や自動車販売店にまとめて納めるので、あまり実感がないかもしれませんが「自動車重量税」も、車齢13年・18年以上で2段階の増税となっています。

■古いクルマへのリスペクト? 東京都特有の「ヴィンテージカー減免」制度

 古い車へのペナルティ、新車買い替えの促進としか思えないようなグリーン化税制(重課)ですが、実は東京都には古い車へのリスペクトを込めて重課対象とならない制度があります。

 このヴィンテージカー減免の対象となる車は、1945年(昭和20年)までに製造した車です。1945年とは第二次世界大戦終戦の年です。国産で言えば、初代クラウン(1955年発売)も、トヨタ・ジープBJ型として開発された初代ランドクルーザー試作車(1951年発表)も存在していなかった時代です。

 この時代のクルマを自家用車として登録している人は実に稀だと思います。70数年前のクルマだけでなく、せめて初度登録から30年から40年くらいのクルマを対象としてくれると良いと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 加藤久美子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • miy*****|2018/05/15 14:42

    違反報告

    国会議員も13年超えた奴らは所得にかかる税率を30%くらい引き上げよう
    選挙では大した苦労もなく勝って、議員としてはなんら大した事は成さない
    環境負荷が大きい老議員たちには早く辞めて頂きたい
  • gra*****|2018/05/15 14:53

    違反報告

    要は環境負荷が大きいとの名目で新車への買換えを後押しする悪法に他なりません。古い車から増税し、新車へはおまけと税収のバランスを取っているだけです(プラマイで増収かも)。
    私も愛着のある30年経過の車を所有していて、車好きですから何台も所有し一人で乗っていますから年間走行1000キロにも至りませんが、新車のハイブリッドなどが年間数万キロ走るとすれば一体この税制はなんじゃと思わざるを得ません。
    燃費、環境を人質に取るのは結構ですが、購入時はその時代の法規制に適合していたものです。新車への買換えは時間の経過とともに自然と進むところ、それを税制で無理に後押しすること自体、ユーザーを無視した自動車業界への販売促進政策そのものと言えるでしょう。
    断固反対の意思表示をします。
  • kaz*****|2018/05/15 15:01

    違反報告

    自動車メーカーから促された悪法、買い替え促進とかいってもっとクルマを持たない人間的が増えるに違いない

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します