現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「サンキューハザード」はアリか 路上のコミュニケーション、どう広まった?

ここから本文です
業界ニュース 2018.2.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「サンキュー」の意味は「拡大解釈」?

 合流や車線変更でゆずってもらったとき、ハザードランプを少し点灯させ、相手ドライバーに感謝の気持ちを伝えるといった光景はしばしば見られます。俗に「サンキューハザード」などとも呼ばれます。

 ハザードランプは正式には「非常点滅表示灯」といい、辞書類には「故障などで緊急停車する場合、警告を発するために用いる」(三省堂『大辞林』)とされています。前方で渋滞が発生し速度を落としているような状況で、そのことを後続車に伝えたり、路上に停車あるいは駐車したりする場合に使うことも見受けられます。(乗りものニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • t_h*****|2018/02/15 06:35

    違反報告

    車線変更禁止の道で割り込んで来てサンキューバザード出されても、むかつくだけどね。なんでも許されると思うんじゃねえ!
  • bdd*****|2018/02/15 07:16

    違反報告

    元トラック乗りより一言。
    トラック同士で行われたのは間違いないが、なぜ「ありがとう」が必要だったのか、説明が足りない。「何か」があったから「ありがとう」になるわけで、一方的に割り込んで感謝を伝えるわけではないですよ。
  • uma*****|2018/02/15 06:35

    違反報告

    本来違反行為だと認識していても、感謝の意味でする気持ちはいいのかなって思います。
    窓を開けて挨拶するよりは、一連の行為としては動作も少なく、運転が疎かにならないと思いますし、
    窓を開けずに挨拶しても、状況によっては相手に見えなかったりもありますから。
    ただハザードで違反キップを切られたら辛いですよね