現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これがトヨタが本気で仕掛ける自動運転サービス!?!? Amazon、Uberとも提携!

ここから本文です
業界ニュース 2018.1.9

これがトヨタが本気で仕掛ける自動運転サービス!?!? Amazon、Uberとも提携!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタは2018年1月9日(火)~12日(金)に米国ネバダ州ラスベガスで開催する2018 International CESにおいて、移動、物流、物販など多目的に活用できるモビリティサービス(MaaS)専用次世代EV、「e-Palette Concept」を出展した。
 自動運転と商業用バンを使った新たなモビリティサービスを提案する画期的な新技術と言えるので、ザッと紹介したい。
文:ベストカーWeb編集部、TOYOTA

■巡回バスや配達用バンの統一(自動運転)規格を提案

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「e-Palette Concept」は、電動化、コネクティッド、自動運転技術を活用したMaaS(Mobility-as-a-Service=Uberなどのライドシェアやカーシェアサービスの総称)専用次世代EVとなる。

 簡単に言うと、巡回公共バスや配達用デリバリーバン、(現在は軽トラが中心となって担っている)屋台車、カーシェア用レンタル車両などに使っている車両を、全部自動運転化しませんか、それでその車両と制御システムはこれ(「e-Palette Concept」)で統一しませんか、という大変野心的な提案。

これが普及すると、街(特に地方都市)の景色が変わることになりそう……

「e-Palette Concept」は、走行区間を限定するものの完全自動運転の「レベル4」を達成しており(決められたルートしか走れないが、無人運行が可能)、2020年の東京オリンピックに関係者用車両として提供予定。2020年代前半には米国を始めとした様々な地域でのサービス実証を目指すという。

 この車両とサービスの実験パートナーとして、Amazon.com, Inc.、Didi Chuxing(中国最大級のライドシェアサービス会社)、Pizza Hut, LLC、Uber Technologies, Inc.に、技術パートナーとしてDidi Chuxing、マツダ株式会社、Uber Technologies, Inc.などが参加。

 ずらりと並んだ現実的かつ強力なパートナー企業群。

「これは本気で市場を丸ごと獲りに来た」……と判断せざるをえない。

 アライアンスパートナーには、サービスの企画段階から参画し、実験車両による実証事業をともに進めていく予定。

多くの業種がこの構想に好意的に反応している。可能性は計り知れないが、本当に可能なのだろうか……

 トヨタの豊田章男社長は、

「自動車産業は今、電動化、コネクティッド、自動運転などの著しい技術の進歩により、100年に一度の大変革の時代を迎えています。トヨタは、もっといいクルマをつくりたい、すべての人が自由に楽しく移動できるモビリティ社会を実現したいという志を持っています。今回の発表は、これまでのクルマの概念を超えて、お客様にサービスを含めた新たな価値が提供できる未来のモビリティ社会の実現に向けた、大きな一歩だと考えています」

 と述べている。

【e-Palette Conceptの特徴】

・低床・箱型デザインによる広大な室内空間

荷室ユニット数に応じて全長が異なる計3サイズ(※)の車両を用意、低床・箱型のバリアフリーデザインによるフラットかつ広大な空間に、ライドシェアリング仕様、ホテル仕様、リテールショップ仕様といったサービスパートナーの用途に応じた設備を搭載することができる。

※4m~7m前後の全長を想定。CES2018出展モデルは、全長4800mm、全幅2000mm、全高2250mm

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集長 T)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tur*****|2018/01/10 04:36

    違反報告

    これ将来は鉄道生産や造船も絡んで今のコンテナ輸送のように行こうと思えば世界中にそのまま移動出来るように統一サイズ規格にしてしまう方が良い。
    一体化ではなく台車と上物を別設計にしてしまえば充電切れそうな時に別の満充電台車にスライドセット。
    展望によってはメーカーブランド独自設計特徴モデルの作り分けも。
    日本みたいな離島は特にこのユニットごと入出国出来れば便利。
    もしや設計を上手くやれば新幹線にこれの専用列車をやれるかもしれない。日本にはリニア着工がある、東海道新幹線の線路をそれで走れば自分の部屋のまま東京〜大阪間を依頼しとけば高速道路より高速移動なんて夢も広がる。
    (それぞれ既存の乗り方も格安で残すとしても)
    大陸の場合はあえて飛行機で運ばず大陸横断鉄道に乗せて行くのも楽しそう(全部先進国でないから高速道路で跨ぐよりは安心か)

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します