現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > グリップ力は高いのになぜ? レース用タイヤを公道で使ってはいけない理由

ここから本文です
カー用品 2019.3.9

グリップ力は高いのになぜ? レース用タイヤを公道で使ってはいけない理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使用環境が異なる街中で性能を発揮できない

 モータースポーツで見かけるスリックタイヤは、サーキットやターマックラリーなど限られた環境の中で、限られた距離を走ることを狙いにしたタイヤ。耐久性は必要最小限にとどめられおり、溝のないスリックタイヤは公道での使用は禁じられています(道路運送車両法では、タイヤ溝1.6mm以上の深さが必要)。

    公道を走行できるセミスリックタイヤ「ネオバをも凌駕するアドバンA052の際立つ実力」

 最大の魅力は高いグリップ力。路面との摩擦で発生する熱を利用し、タイヤ表面のコンパウンドを溶かして路面との粘着力を高めるという仕組みですが、その性能を最大限に引き出すために適正温度はとても狭くなっています。

 例えば、F1で使われているスリックタイヤには、2018年シーズンは7種類+インターミディエイト(浅溝)とレインタイヤ(深溝)が用意されていました。さすがに多過ぎたのか2019年シーズンはドライ路面用は3カラーで5種類のコンパウンドになるようですが、いずれにしてもグリップ性能と走行距離がトレードオフの関係になっており、グリップを重視すれば摩耗が早く、摩耗を抑えることを重視すればグリップ性能が悪くなりタイムが落ちる、という関係が成り立ちます。

 また、気温の高いところでは、ソフトすぎるコンパウンドは向かずソフト側から2番目か3番目のタイヤのほうがタイムが出ることもあります。

 これは温度(≒路面温度)がタイヤの想定した温度域と合わないことからくる理由。F1で多用するタイヤの作動温度域はおよそ10度くらいなのだそうです。例えば、路面温度25度から35度を想定してつくったF1用スリックタイヤは気温が20度だとうまく機能しない、グリップ性能が上がってこないそうです。

 また、スーパー耐久用のハードコンパウンド(ロングディスタンス用)だと、スリックタイヤなのにグリップ性能はセミレーシングタイヤと同等かそれ以下、ということも。

 モータースポーツ用のスリックタイヤこそ、そのレース、そのクルマに向けて作ったスペシャルなので、使い方が合わないと全くグリップしないということはよくある話。また、市販車にスリックタイヤを付けてもサスペンションとのマッチングも大きな問題になります。スポーツサスも専用のセッティングを施さないと本来のグリップ性能が引き出せません。

タイヤのグリップを阻害する路面の状況に注意

 では、一般道を走ったらどうなるか。夏場の良好なドライ路面では飛ばさない限り、問題なく走れると思います。ただし、タイヤの性能が発揮できないような冬場の路面や、砂が浮いていると、足元を払われたようにグリップが急激に抜けて滑り出してしまうでしょう。

 良好な路面では接地面積が広いほうがグリップ性能は高いのですが、グリップを阻害する異物がタイヤと路面の間に入ってしまうと異物がベアリングのボールの役割となってグリップをなくしてしまうわけです。

 もちろんウェット路面もアウト。一般タイヤにはサイピングという排水のための溝がありますが、溝のないスリックタイヤでは簡単にハイドロプレーニングを起こしてグリップ力は一気に低下。そのあと慣性物体となったクルマは、慣性の法則に従って、すっ飛んで行ってしまうわけです。

 冒頭にも書きましたが、そもそもスリックタイヤは公道での使用は不可能。街中で高いグリップ力が欲しいならば、市販のハイグリップタイヤを選びましょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します