現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 今年のテーマはアンティーク!? クラシカルでお洒落な内装ならグレイス! 新型スズキ・ジムニー用内装パーツも多彩!【大阪オートメッセ2019現地取材】

ここから本文です
カー用品 2019.2.19

今年のテーマはアンティーク!? クラシカルでお洒落な内装ならグレイス! 新型スズキ・ジムニー用内装パーツも多彩!【大阪オートメッセ2019現地取材】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビンテージ系の新シリーズほか
新柄&新モノ、専用&汎用が多数!


grace/グレイス

    オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】

シートカバーを筆頭に、高品質、かつドレッシーな内装パーツを多数手掛けるグレイスブースの目玉は、そこはかとなく感じさせるオールド感が特徴的な、テカリのあるレザーを使った新コレクション「アンティーク」だ。軸となる車種専用シートカバーはシンプルな縦パターン仕様が特徴。オシャレなカフェの感覚を味わえる。発色を抑えた独特の風合いは、室内空間イメチェン度も抜群。同じアンティークレザーを使った小物コレクションも多数発表され、デモカーとして用意した新型ジムニーには、ステアリングカバーからダッシュマット、ピラー、グリップカバー、シフトブーツなどを実装着。DIYで手軽に楽しめるものばかりなため、会場で買っていく人も多かった。グレイスによれば、今後シリーズ化も含めさらにチカラを入れていくとのこと。ほかにも、カラーストライプで知られるシートカバー「ベルティ」の世界を広げる小物も多数お披露目された。収納付きシートクッションといった実用小物は、複数揃えて損はないはず。

新作シートカバー「アンティーク・デザインS」はウェブ限定品。独特な質感、テカリ感は、特別なオールドレザーならでは。写真はアルファード装着例。■3万円~

アンティークはカラバリも豊富。ワインカラーのみ若干高いが、そのほかのブラックやブラウン、ダークブルー、モスグリーンなどは、同一価格。全8色。

空間を広範囲に彩る、アンティーク専用小物も多数。写真に見えるモノ以外にも、首や腰のパッド系やヘッドレストへ装着する収納系など、多数揃う。

JB64/74ジムニー専用のアンティークシフトブーツは、シフト用と、レバー式が復活したトランスファー用の2セットで販売。■6000円

アンティークのシリーズ専用として用意されたフロアマットがコレ。色はご覧のベージュとワインの2色のみ。ラグマットもある。■2万2000円~

座面に載せるだけのシートクッション。先端に小物入れが付く実用派。汎用のため乗り替え後も使える。写真はヴェルティモデル。■2500円~

問:グレイス 072-654-3363

[Photos by GANZ Text by 杉山雄二]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ 「編集部」)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します