現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 縁起物テントでキャンプ初め! 中で焚き火ができる「レンコンテント」発売へ

ここから本文です
カー用品 2019.1.9

縁起物テントでキャンプ初め! 中で焚き火ができる「レンコンテント」発売へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焚き火の使用に配慮しつつ、5人の就寝も可能に

「ビーズ」のアウトドア用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」は、テント内で焚き火ができる冬用フロアレステント『レンコンテント』を発売した。 レンコンテントは名の通り、レンコン(蓮根)のように本体生地に穴が空いた、八角錐型のフロアレスワンポールテント。焚き火の使用に特化した4つの特徴が盛り込まれている。

    キャンピングカーの賢い活用法「人とは違う充実した年末年始の過ごし方」

開閉を調整できる大きなレンコン窓

  8つの天面全てで上部に大きな窓が備わっており、それらを全開放することで十分な換気が可能。これによってテントの中で焚き火ができるようになっている。焚き火の他にも、窓を利用して天体観測なども可能に。風通しや見通しが良く、ダブルジッパーで開放具合も調整できる(焚き火の際は全ての窓を全開にすること)。

緻密に計算されたウォール高

  焚き火の前に座った際に、頭部分は煙たさを感じにくく、身体部分は暖かさを感じられるよう、前述のレンコン窓とウォールのバランスは緻密に計算されている。下部の生地が反射板のような機能を果たしているため、炎の暖かさを逃さず、かつ壁として外から入り込む風で焚き火が早く燃え尽きてしまわないような効果も発揮する。

頑丈で燃えにくいポリコットン生地

  本体生地には火の粉が当たっても穴が空きにくいポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡生地。TCとも呼ばれる)を使用。その他にも、前後に4ヶ所備えたドアや、地面から吹き込む風をブロックするスカート生地などで、気温や天候、焚き火の有無に応じて柔軟に調整可能だ。

余裕のスペースを持たせたテント内部

 余裕を持ってテント内部で焚き火ができるように、大人5人ほどが就寝できる面積を確保(焚き火をする際には就寝スペースが狭くなるため、3人の使用人数を想定)。 初心者でも収納しやすいように大きめの収納バッグを付属しており、コンパクトに収めることができる。

レンコンテント

【カラー】タン【サイズ】組立時外寸:W390×D390×H260cm/収納時:W68×D23×H23cm【重量】約12kg【収容可能人数】大人3名(就寝の場合は大人5名)【材質】ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、スチール【最低耐水圧】350mm【付属品】ペグ、キャリーバッグ【希望小売価格】オープン価格(税別参考:4万2000円)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します