現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 「オートエクゼ」がマツダの人気SUV2車種をブラッシュアップ

ここから本文です
カー用品 2018.6.26

「オートエクゼ」がマツダの人気SUV2車種をブラッシュアップ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CX-5はフロントリップ&グリルを追加、CX-8には機能系パーツを新設定

マツダ車カスタムブランド、「オートエクゼ」のCX-5用プログラムは、フロントアンダースポイラーやフロントグリルなどのエアロパーツから、マフラーやダンパーといった機能系まで充実のラインアップ。エアロ関連は、ピアノブラック塗装済みとなるのが特徴で、取り付けのハードルはさら低くなっている。純正のミリ波レーダー対応のマークレスグリル、4本出しマフラー装着用のガーニッシュなど、賢くブラッシュアップできるのも魅力だ。また、CX-8にも粋に飾れるエアロや機能系パーツを設定。ともに、純正アップグレードとして使えそうだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

【AutoExe CX-5】

トレンドのフラップ系としたフロントアンダースポイラー、フェイスイメージを刷新するフロントグリルなどはピアノブラック塗装済み。ボディ色に左右されずスマートにマッチング可能だ。フロントグリルは、マットブラックとの2トーン仕様。

リアウイング両端に翼端版を添えるなど、スポーティに味付けしたルーフスポイラー。リアフォルムのボリュームアップに絶好のアイテムだ。

左右4本出しとなるマフラーは、ディーゼル車専用品。純正バンパーに一部加工が必要だが、その痕跡を隠せるガーニッシュも用意する。こちらもピアノブラック塗装済み。

インテーク系からボディ補強系まで、機能パーツも新設定。また、ロールの発生を穏やかにさせる純正形状のスポーツダンパーは、体感度が大きいという。

内装パーツとして用意するステアリング&シフトノブは、黒本革×赤ステッチの純正交換タイプ。デモカーのステアリングは、上弦にセンターマークが入った限定品である。

CX-8用プログラムも続々!

スマッシュヒット中のCX-8用パーツも続々。ボディキットだけでなく、車高調や吸排気、さらにブレーキまで、CX-5同様に車両全身を攻略できるメニューを広範囲に網羅している。

AutoExe CX-5フロントアンダースポイラー ¥84,240フロントグリル ¥66,960リアルーフスポイラー ¥84,240マフラーガーニッシュ(左右セット) ¥30,240スポーツマフラー(ディーゼル車用) ¥124,200エグゾーストチャンバーキット ¥66,960スポーツサイドバイザー ¥23,220*上記エアロパーツはピアノブラック塗装済み

オートエクゼ TEL03-6458-7251https://www.autoexe.co.jp

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『WAGONIST編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します