現在位置: carview! > ニュース > イベント > 公道で乗れる電動キックボード!URBANIST 600【東京オートサロン2019】

ここから本文です
イベント 2019.1.13

公道で乗れる電動キックボード!URBANIST 600【東京オートサロン2019】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイクオリティのレーシングパーツを手掛けるHPIから、公道でも乗れる電動キックボードが登場だ。家庭用電源で充電でき、折りたためば車載はもちろん、バスや電車にも持ち込める仕様。1充電で約50kmの走行が可能な使い方に期待が膨らむギアとなっている。

数々のレーシングパーツを手掛けるメーカーHPI(エイチ・ピー・アイ)から、公道でも乗れる電動キックボード・URBANIST 600が登場だ。折りたたみ可能なアルミ製フレームで総重量は18kgだから、車載はもちろんバスや電車にも持ち込め、どこへでも出かけられる仕様となっている。ウインカー、ブレーキランプ等の灯火類も付いているので、原付1種の申請・登録をすれば公道も走行可能だ。

    バリスが展開する“チョップドカーボン”【東京オートサロン2019】

家庭用電源で充電でき、エコモード、ノーマルモード、パワーモードの3つのモードを選んで走行できる。1充電で約50kmの走行が可能(体重70kg 平坦)でパワーモード時の最高速度は60km/h超というから驚きだ。

サドル部分を外せば立ち乗りスタイルの電動キックボードに早変わり。ただしこの状態では公道は走れない(原付の要件にサドル必須のため)。また外部充電用にUSBソケットもついており、例えば災害時などにはコンパクトな移動の足として、また充電器(スマホ20台分相当)としても使用できるすぐれものだ。


行動範囲が広がり、多彩な楽しみ方に期待が膨らむ新しいギアの登場だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します