現在位置: carview! > ニュース > イベント > 新型ジムニーをカッコよく精悍に仕立てるための最新情報【スーパーカーニバル2018】

ここから本文です
イベント 2018.10.7

新型ジムニーをカッコよく精悍に仕立てるための最新情報【スーパーカーニバル2018】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアロテックジャパンが内外装アイテムを発表、ジムニー専門店からはリフトアップキット提案

10月7日(日)、大阪・舞洲にて開催している「スーパーカーニバル2018」には、全国から300台におよぶドレスアップカーをはじめ、70社以上のカスタマイズメーカーが集結。ミニバン、SUV、ハイエース、軽カーなど、多彩な車種ジャンルのオーナーたちが自慢の愛車を披露していたなか、メーカー&ショップのブースにて展示されていた2台に注目してみた。

    【新型ジムニー・カスタム予測】クロカン風とアーバンスタイル、流行するのはどっち!?

そう、いま売れに売れまくっている新型のスズキ・ジムニーだ。まだまだカスタマイズパーツが少ないなか、会場で新商品を発表したのが「エアロテックジャパン」だ。レイズの「ボルクレーシング TE37X プログレッシブ」をセットしたデモカーの注目すべきはフロントグリル。『RANDO style S.U.V』と名付けられた新シリーズで、残念ながら当日は間に合わなかったが、他にもリアウイングを展開するという。

なお、フロントグリルの造形は、センターから両端にかけて跳ね上がるバッドフェイス形状。同時にマークレス化できることで、ノーマルのすっきりとしたイメージにワイルドさをプラスしたような印象だった。

また、内装のテーブル関連もお披露目。ラインアップは、助手席前にセットするダッシュテーブル、ドアに固定するサイドテーブル、センターコンソール用テーブルなどの充実ぶり。車内の使い勝手が向上できるアイテム群にも注目だ。

エアロテックジャパン http://www.aero-tech.co.jp/

新型用のリフトアップアイテムがまもなくデビュー

そして、もう1台の注目ジムニーは大阪・松原市に店舗を構える「モーターファーム」のデモカー。最たるポイントは、コイルスプリングやとトレーディングアーム、ブレーキホースなど、先代のJB23用を流用して製作したという足まわり。2インチのリフトアップを実現した足元には、オリジナルホイール「Jトラッド(16×5.5J)」とジオランダーM/Tのタイヤを組み合わせ、タフかつ精悍なスタイルを披露していた。他にラテラルロッドやバンプストッパーといった足まわり関連は、新型ジムニーに関しても同様のオリジナルパーツを設定・販売するという。

「モーターファーム」のブースでは、もう1台のデモカーも注目を集めた。こちらはJA11型ジムニーにシボレー・インパラ用の5リッターエンジンを搭載したモンスターマシン。荷台にはS14シルビア用ラジエターが鎮座するなど、只者ではないオーラを放ちまくっていた。

モーターファーム

http://www.motor-farm.com

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gan*****|2018/10/19 12:25

    違反報告

    いつも不思議に思うのですが
    助手席にもエアバックがあると思うのですが
    メーカーは知恵などをしぼり ぶつかっても
    被害が最小限度の形状なり材質を使っているのが
    こういうのって どうなん?
    普通の雑誌でも これ見よがしに こういうものが
    出てたり もしくは広告が出てたり
    正気の沙汰ではないと思うのですが
  • don*****|2018/10/21 09:26

    違反報告

    折角のTE37が泣いちゃうよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します