サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本導入希望! ピニンファリーナやランチアが手掛けたイタリアのお洒落電動キックボードが約4万円のお手頃価格

ここから本文です
イタリアらしい伊達なデザインで人気のランチアが7月21日(現地時間)、電動キックボード「イプシロン eスクーター」を本国で発表。ラストワンマイルをおしゃれに楽しむ電動モビリティに注目してみた。

電動キックボードは日本では現状、原付扱いになるため、ナンバーやミラーを装備してヘルメット着用で乗る必要がある。これではややヘビーなので敬遠するユーザーも多いだろう。一方、7月上旬には政府の「新事業特例制度」を用いた実証実験が福島県南相馬市で始まる。この事業では、最高速度が15km/hに制限されるものの、ヘルメットは任意となり、着用が義務付けではないのが特徴。

おすすめのニュース

サイトトップへ